2016年10月22日 栃木県総合運動公園野球場

山梨学院vs霞ヶ浦

2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季関東地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

山梨学院、主砲・五十嵐の決勝本塁打で接戦を制す

五十嵐(山梨学院)

 清原球場の第二試合は、山梨県の優勝校・山梨学院対茨城県の準優勝校・霞ヶ浦との一戦、山梨学院吉松 塁(2年)、霞ヶ浦川﨑 海斗(2年)と両エース左腕が先発する。

 吉松はオーソドックスな左腕でこの日直球のMAXは130km前半ほどであったが、直球を中心としそこへスライダーとツーシーム系の縦の変化球を絡める。今年の甲子園でも2試合先発するなど経験豊富な投手だ。一方の川崎は直球がMAX120km中盤であるだけに、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を中心とし、直球をいかに早く見せるか、その投球術が売りの投手だ。ちなみに、両投手共に制球が良く、左打者のインコースへもきっちりと放ることができる。試合は両エースの投げ合いとなった。

 先制したのは霞ヶ浦だった。

 2回裏、この回先頭の益子 侑也(2年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く鈴木 和樹(1年)がきっちりと送り一死三塁とする。ここで7番・内野 海久斗(2年)が縦の変化球をうまく拾いセンター前タイムリーを放ち霞ヶ浦が1点を先制する。

 3回以降立ち直った山梨学院・吉松は、4回裏には三者連続三振を奪うなど徐々にエンジンがかかり始める。

 一方、霞ヶ浦・川崎に対し、内野安打1本に抑えられていた山梨学院の反撃は5回表であった。

 この回先頭の小澤 陸(1年)がセカンドへの内野安打を放ち出塁すると、続く丹沢 海輝(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、1番・関口 俊哉(2年)がファーストへの内野安打を放つと、さらに一塁ベースカバーに入ったピッチャー川﨑に対し、ファースト内野のトスが悪送球となる間に、二走・小澤が一気に本塁へ生還し同点とする。

 一方、同点とされた霞ヶ浦もその裏、この回先頭の内野がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く海野 京士郎(1年)の所で霞ヶ浦ベンチはエンドランを掛ける。これがセンター前ヒットとなり無死一、二塁とチャンスが広がる。だが、9番・川﨑の犠打が決まらず、さらに二死後、キャッチャーのファンブルに対し、一走・海野だけが飛び出してしまい挟殺してしまう。結局この回無得点に終わり絶好の勝ち越しのチャンスを逸する。

【次のページ】 山梨学院vs霞ヶ浦(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
平成最後の選抜を制するのはどこだ?組み合わせ決定直後の大会展望を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
先輩だけじゃないぞ!見逃し禁止の注目2年生をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
日本体育大vs山梨学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第573回 山梨学院 vol3「甲子園までの課題。甲子園からの課題。」【野球部訪問】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第570回 2019年の山梨学院は小倉清一郎氏の指導でどう進化していったのか?【野球部訪問】
第899回 自信を胸に甲子園で最高のピッチングを!注目度急上昇左腕・駒井 祐亮(山梨学院) 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
山梨学院vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
山梨学院vs中央学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
藤代vs霞ヶ浦【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
霞ヶ浦 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
第69回秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る