投打がかみ合った仙台育英、4強入り

 仙台育英八戸学院光星を6対0で下し、準決勝に進出した。

 仙台育英は初回、1番・西巻 賢二が四球で出塁。2番・斎藤 育輝がバントを試みたが、打球は小フライとなり、一塁に戻りかけた一走・西巻は二塁封殺となった。二塁に送ることはできなかったが、1死一塁で3番・佐川 光明がセンターオーバーの二塁打を放ち、斎藤が先制のホームを踏んだ。その後も四死球で満塁としたが、この会は1点に終わった。

 仙台育英の先発・長谷川 拓帆は2回に1死満塁を招いたものの、変化球で空振り三振、直球で投飛に抑えてしのいだ。4回にも三塁に走者を背負ったが、変化球で空振り三振。要所をしっかり締め、得点は与えない。

 八戸学院光星の先発・國武 大祐は立ち上がりで失点したものの、その後は内野安打と二塁打の2安打のみ。四死球もなく、追加点はやらなかった。このまま、仙台育英・長谷川と八戸学院光星・國武の投げ合いが続くのかと思われたが、八戸学院光星は5回から仙田光を投入。しかし、これが裏目に出た。

 5回、仙台育英は打順が3巡し、1番・西巻からの攻撃。その西巻が左安を放つと、2番・斎藤が今度はきっちり送って1死二塁。そして、3番・佐川が右中間に適時二塁打を放ち、待望の追加点を挙げた。その後、2死から4番・尾崎 拓海、5番・山田 利輝の連打で好機を作ると、6番・鈴木 佳祐がセンターオーバーの2点適時三塁打。仙台育英が一気に突き放した。さらに、7回には八戸学院光星の3番手・成田 太一から山田の三塁打と鈴木のタイムリーで2点を挙げた。

 長短打を絡め、八戸学院光星の投手陣から12安打で6点を挙げた仙台育英。先発・長谷川は中盤まで走者を背負いながらも要所で三振を奪い、結局、4安打1失点完投。投打がかみ合った試合だった。

 4年連続のセンバツ大会出場を目指した八戸学院光星は左投手4人のリレーで仙台育英を抑えたいところだったが、前日の不来方戦で完投していたエース・向井 詩恩を最終回にしか投入できなかったことが痛かった。攻撃では序盤のチャンスで得点が奪えず、6回に無死から7回は1死から走者を出したが、併殺に打ち取られつながりに欠けた。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ