八戸学院光星が不来方を下す

 八戸学院光星(青森第二代表)と不来方(岩手第二代表)の試合は、2対0で八戸学院光星が勝利した。

 八戸学院光星は初回、1番・馬場 文冶が右安で出塁した。2番・三枝 太樹の打球はレフトへ。不来方の左翼手・菅原 岳人がスライディングキャッチを試みたが、打球をグラブに当てて落とし(記録は安打)、無死一、二塁とした。3番・足立 裕紀への3球目で二走・馬場が盗塁を決めたが、足立はショートフライに倒れた。それでも、4番・小池 智也が四球で歩き、満塁とすると、5番・花房 大晴がレフトに犠飛を打って先制点を挙げた。2回には2死二塁から1番・馬場がレフトへタイムリーを放ち、1点を加えた。

 2回を終え、2対0で八戸学院光星がリード。このまま、八戸学院光星の一方的な展開になるのかと思われたが、3回以降、不来方のエース・小比類巻 圭汰がコースにしっかりと投げ分けて得点を許さなかった。バックもしっかり守り、スタンドからは拍手が湧き上がるほどだった。しかし、不来方八戸学院光星のエース・向井 詩恩の前に三塁を踏めず、得点を奪うことはできなかった。それでも、部員10人で岩手県大会の決勝に進み、東北大会初出場を果たした不来方。0対2と健闘を見せた姿にゲームセット後、スタンドからは温かな拍手が送られた。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ