角館が開幕戦で花巻東を下す

 角館(秋田第三代表)が花巻東(岩手第三代表)に5対1で勝利。開会式直後の開幕試合を白星で飾った。

 角館は初回から4点を得た。1番・藤井 駿矢、2番・高橋 颯斗、3番・高橋 夏南人と3者連続で四球で出塁。ここで花巻東は先発左腕の浦島 春樹から川村 勇司に代えたが、4番・高橋 昇陽がレフトへ適時打を放って2点を先制した。さらに、5番・鈴木 佳偉が四球で歩き、1死一、二塁とすると、6番・佐藤 蓮人のライトへの打球は右翼手の前で大きく弾んで2点適時三塁打となった。

 角館の先発・鈴木佳は制球よく、打たせて取る投球で花巻東にチャンスを与えなかった。3回には2死から連打で二、三塁とされ、二塁へのけん制が走者に当たって1点を失ったが、失点はそこだけ。後半には変化球主体の投球に切り替え、5回以降は二塁を踏ませなかった。

 角館は9回にも4番・高橋昇の犠飛で1点を加え、5対1で勝利。前回出場の2013年に続いて初戦を突破した。

 一方の花巻東は、過去に逆転する試合を多数、演じてきたが、この日は「逆転の花巻東」とはならなかった。

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ