作新では江川卓以来の剛腕が登場!その名は今井達也!



今井達也(作新学院)

 まさに衝撃デビューだ。

 栃木大会で最速149キロを計測。21.2回を投げて33奪三振を記録するなど、剛腕右腕として甲子園に乗り込んだ今井 達也。初舞台となる甲子園で高校野球ファンを驚かせる快投を見せた。

 立ち上がりから147,8キロのストレートを連発し、3番山地 健斗に対しては、最速149キロのストレートでどん詰まりのショートゴロに打ち取って初回を無失点に切り抜けた今井は、2回以降、力みが抜けたのか、より破壊力のあるストレートを投げ込んでくる。2回裏、左打者のひざ元に147キロのストレートが決まったストレートは思わずプロの投手を見ているかのようだった。とても細身の体型なのに、なぜここまでの球速が出るのだろうか...。そして一死一、三塁のピンチを招いて、7番渡邊 悠に対し、剛速球で空振り三振に奪う。その速球はついに自己最速の150キロを計測し、さらに観客をどよめかせると、8番松原 圭亮には2ストライク2ボールと追い込んでから外角いっぱいに決まるストレートは151キロを計測。さらにボールとなったが、次のストレートで、最速151キロのストレートを連発し、三振に奪った。151キロのストレートを空振り三振に打ち取るのだから、騒がれないはずがない。

 観客の興味は、これからもこれに近い速球を投げ込めるか、そして三振も奪えるかに集まった。

 今井は細身ながらも、綺麗な右腕の回旋。大きな胸の張り、そして打者寄りでリリースすることができるフォームの土台の良さ。誰に似ているかと考えた時、NPBで通算62勝をあげた木佐貫洋(元北海道日本ハム)投手の若い時を思い出させる。木佐貫投手も長身で、さらにバネの強さを生かし、150キロ台のストレートと落差抜群のフォークで圧倒する投手であった。

 今井は、木佐貫投手のようなフォークがあるわけではないが、130キロ近い縦スライダーはストライクゾーンからボールゾーンに一気に落ちるのである。さらにブレーキが利いた110キロ台後半のカーブ、135キロ前後のカットボールもコーナーへきっちりと投げ分ける。またストレートはひざ元へしっかりと集めることができる。ただ速いだけではない実戦派の一面を見せたのであった。