2016年06月11日 岩手県営野球場

花巻東vs聖光学院

2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

花巻東逆転サヨナラ!敗れた聖光学院も収穫のあるゲームに

鈴木拓斗(聖光学院)

 お互い打撃力は高く、もし両者の持ち味を発揮されれば、打撃戦になるかと思われたが、1点を争う好勝負に。花巻東の先発・佐藤眞生(2年)は、常にセットポジションからコンパクトなテークバックから投げ込む直球は常時125キロ~132キロと1年の頃と比べると、10キロぐらいは速くなっている。高校生として一定の体力を身に付けたといえるのだろう。スライダーが低めに集まり、聖光学院打線を打たせて取る。

 聖光学院の先発・鈴木拓斗(3年)の立ち上がりはかなり不安なものあり、四死球連発で一死満塁のピンチを招くが、どうにか凌ぐ。
 野球の流れはよくできているもので、捉えられそうな投手をしっかりと捉えられないと、いつのまにかリズムに乗せてしまうもの。2回以降、鈴木拓は立ち直りを見せた。

 コンパクトなテークバックから125キロ~130キロ前後の直球。突出して速いわけではないのだが、出所が見難いのか、どうも花巻東の各打者はタイミングが合っていない。芯が外れた内野ゴロが次々と転がっていく。
 0が積み重なったまま、5回表、聖光学院は、磯辺 伶也(3年)の適時打で1点を先制。さらに7回表には再び6番磯邉の中前適時打で1点を追加する。
 だがこのままでは終われない花巻東は、8回裏に反撃。一死満塁のチャンスを作った花巻東は、4番安部広明(3年)の犠飛で1点を返すが、同点ならず。終盤にかけて試合の熱気もだんだん高まっていた。9回裏、花巻東は粘りを見せる。6番足澤椋介(2年)が三塁打を放ち、7番瀬川竜平(2年)の中前適時打で同点に追いつくと、一死満塁となって、1番佐藤 太郎(3年)の右前適時打を放ち、見事にサヨナラ。逆転サヨナラで試合を決めた。

【次のページ】 花巻東vs聖光学院(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
白山の夢物語はひとまずここで終演!!大会7日目の試合を徹底レポート【選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園が競り合いを制し、聖光学院を破る!ベスト16一番乗り!【甲子園 一回戦】 【ニュース - 高校野球関連】
第21回 聖光学院高等学校(福島)【12年連続15回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第750回 【5日目見所】横浜が登場!一番の注目は創成館vs創志学園の好投手対決!!【大会展望・総括コラム】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
第741回 第100回記念大会の組み合わせ決定 大阪桐蔭、智辯和歌山の戦いの行方は?【大会展望・総括コラム】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19「石橋康太」【ドラフト特集】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第615回 星 歩志(聖光学院)「唯一の猛打賞!頼れる6番打者へ成長したイメージ力」 【2017年インタビュー】
第439回 聖光学院高等学校  鈴木駿輔選手 「大学野球でも二刀流として活躍を目指す」 【2016年インタビュー】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
聖光学院 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
第63回春季東北地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

花巻東花巻東がんばれたんたん 2016.06.11
全員野球で優勝だよ
聖光学院がんばれ!!!マネージャー 2016.06.10
見に行きます!
頑張ってください(*^_^*)

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る