2016年05月28日 和歌山県営紀三井寺野球場

智辯学園vs紀央館

2016年春の大会 平成28年度春季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

打線の課題と投手の収穫

投手・松本大地(智辯学園)

 選抜で優勝した智辯学園、春の奈良大会も制し目下公式戦11連勝中。奈良大会の1試合平均得点は9.17点。この強力打線は初回に1番・岡澤 智基(3年)がエラーで出塁すると牽制悪送球で二塁に進む。二死後に4番・福元 悠真(2年)がレフト前に適時打を放ち1点を先制。3回にも青木の犠牲フライと福元の2打席連続となる適時打で追加点を奪った。

 日本一となった智辯学園打線を相手に3点は失ったが紀央館先発の田中 綜馬(3年)は全く逃げていなかった。オフの間はスクワットなどのウエイトで下半身をいじめ、追い込む日のランニングメニューは80メートルダッシュを50本。球速は約10km/h上がり140km/h台に乗った。メンタルの強さを感じさせるマウンド捌きで追加点は与えず。特に5回は2番から始まる智辯学園の攻撃を三者凡退に打ち取り、後半の反撃に望みをつなぐ。

 すると6回一死から1番・中野 聖那(3年)が三塁打を放ちチャンスメイク。得点の期待が高まったが智辯学園先発の松本 大地(3年)が踏ん張り中野は三塁残塁に終わる。セットポジションからテンポ良く、小気味よいピッチングを続けた松本大は3安打1四球で完封勝利。公式戦で9回を投げたのはこれが初めてだが最後まで紀央館打線に付け入る隙を与えなかった。

 試合後、勝利した小坂監督は「エラーで頂いたチャンス、そこで2番が進塁打を打てなくて流れが悪くなった。3番と5番が自分のバッティング出来なかった。4番の福元が安定して打ってくれたので試合としてはちょっとは締まったかな。打つ方が消極的になり過ぎ。初球の甘い球を見逃す、先頭のキャプテンがそれでは打線に影響が出る。課題として直していかないと」
4回以降は2安打無得点の攻撃面では一塁ランナーコーチに、守備面ではファールフライを最後まで追わない野手に対して声を荒げた。

 打撃陣には注文をつけたが3安打完封勝利の松本大のピッチングについては「丁寧によく投げてくれた。5回ぐらいで任せようと思った」と手放しで喜んだ。
エースは選抜で好投した村上 頌樹(3年)だが、春季大会では松本大に3試合先発マウンドを任せた。キレのある球を元々高く評価しており、足りなかったのは慣れと経験だけ。期待を込めてこの日の先発も1週間前に通達していた。毎回奪三振ショーを繰り広げるタイプではないが奪った三振はイニング数を上回る10個。打者がスライダーに合ってないと見るや捕手の岡澤は3球4球続けてスライダーのサインを送り続けた。ウイニングショットであるスライダーにキレがあり「感覚では6割ぐらい」というほど多投した。「コントロールはいい方だったんですけど、コースに投げ分けられるコントロールじゃなくてストライクを投げられるコントロールだったので、ボール1個の出し入れを意識して練習してきました」という成果を発揮し与四球はわずかに1つだけ。春日本一のチームがまた一つ階段を昇った。

(文=小中 翔太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯のスーパールーキー・小畠一心がリリーフ登板!打っては打点を上げて勝利に貢献! 【ニュース - 高校野球関連】
センバツ大会後に驚異的球速アップに成功!池田陽佑(智辯和歌山)に一体何が!?【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1024回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
近江vs智辯学園【2019年春の大会 近畿大会】
第918回 まだまだいる近畿の逸材!隠れた逸材野手、スーパー1年生たちをピックアップ!【大会展望・総括コラム】
第917回 今年の近畿大会はドラフト候補が勢揃いだった!夏まで追跡したい7人の逸材たち【大会展望・総括コラム】
第916回 今年の近畿大会準決勝はハイレベル!2試合の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年春の大会 近畿大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立尼崎【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
創成館vs智辯学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
第430回 智辯学園高等学校 納大地選手 「安打1本で急上昇したアベレージヒッター!」  【2016年インタビュー】
紀央館 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
春季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る