どちらもスケール抜群の逸材が登場した一戦!

石川翔(青藍泰斗)

 楽しみな逸材が多く出た試合。徹底的にレポートしていきたい。
この試合の注目は、青藍泰斗のエース・板垣 理音(りお・3年)だ。最速145キロを投げる速球投手として注目されているが、それ以上の速球、将来性を見せたのが、青藍泰斗の先発・石川 翔(2年)だ。

 いきなり常時140キロ台中盤を連発し、最速146キロを計測した。これには驚きを隠せなかった。この投手がこれほどの速球を投げられるのはフォームにある。178センチ75キロと均整がとれた体格をした投手だが、板垣がずっとがっしりしているのだが、体の使い方はどの投手よりもうまい。肩ひじの柔軟性はもちろん、肩の強さ、背筋力の強さもあり、投手としてはこれ以上ないほど肉体的な素質に恵まれた投手。ランナーがいないところからセットポジションから始動し、左足を真っ直ぐ上げる姿はバランスが良い。その後、左足を二塁方向へ送り込んで、お尻から先行するヒップファーストで、体重移動を行い、前足をゆったりと着地すると、左腕を高々と掲げて、右腕を大きく引いて、トップを作る。テークバックの動きは大きく、しっかりと胸を大きく張ることができる。そしてリリースに入るが、真っ向から振り下ろす本格派らしい投球フォームだ。体の軸を鋭く回旋することができていて、いわゆる全身をバランスよく使ったフォームといえるだろう。

 投げ方だけで非凡な逸材だと伺えるが、それだけで勝てるピッチングができるとは限らないのがこの競技の難しさである。県大会で3試合連続本塁打を記録した3番飯島 大夢(2年)にストレートを思い切り引っ張られ、先制本塁打を許すと、2回裏には暴投で1点を許してしまう。さらに3回裏には再び飯島に適時打を浴びたところで降板。悔しいマウンドとなった。石川は、2回以降は、130キロ後半にがたっと落ちた。いきなり全力投球でペース配分を忘れてしまったのだろう。まだまだ勢いだけで投げて来たところがあり、駆け引きをしながらピッチングができていない。石川のフォームならば縦の変化球で勝負できるはず。フォーク、カーブなりの変化球をマスターできるだろう。そういう技を身に付けるよりも、まずは誰にも打たれないストレートを目指して、ストレートに強弱をつけることから始めるだけでも、だいぶ違いは出てくるはず。すべて100パーセントではなく、普段は7割~8割だけど、ここぞというときに10割の力で抑えられる術を身に付けていってほしい。