2016年05月22日 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場)

前橋育英vs青藍泰斗

2016年春の大会 第68回春季関東地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

どちらもスケール抜群の逸材が登場した一戦!

石川翔(青藍泰斗)

 楽しみな逸材が多く出た試合。徹底的にレポートしていきたい。
この試合の注目は、青藍泰斗のエース・板垣 理音(りお・3年)だ。最速145キロを投げる速球投手として注目されているが、それ以上の速球、将来性を見せたのが、青藍泰斗の先発・石川 翔(2年)だ。

 いきなり常時140キロ台中盤を連発し、最速146キロを計測した。これには驚きを隠せなかった。この投手がこれほどの速球を投げられるのはフォームにある。178センチ75キロと均整がとれた体格をした投手だが、板垣がずっとがっしりしているのだが、体の使い方はどの投手よりもうまい。肩ひじの柔軟性はもちろん、肩の強さ、背筋力の強さもあり、投手としてはこれ以上ないほど肉体的な素質に恵まれた投手。ランナーがいないところからセットポジションから始動し、左足を真っ直ぐ上げる姿はバランスが良い。その後、左足を二塁方向へ送り込んで、お尻から先行するヒップファーストで、体重移動を行い、前足をゆったりと着地すると、左腕を高々と掲げて、右腕を大きく引いて、トップを作る。テークバックの動きは大きく、しっかりと胸を大きく張ることができる。そしてリリースに入るが、真っ向から振り下ろす本格派らしい投球フォームだ。体の軸を鋭く回旋することができていて、いわゆる全身をバランスよく使ったフォームといえるだろう。

 投げ方だけで非凡な逸材だと伺えるが、それだけで勝てるピッチングができるとは限らないのがこの競技の難しさである。県大会で3試合連続本塁打を記録した3番飯島 大夢(2年)にストレートを思い切り引っ張られ、先制本塁打を許すと、2回裏には暴投で1点を許してしまう。さらに3回裏には再び飯島に適時打を浴びたところで降板。悔しいマウンドとなった。石川は、2回以降は、130キロ後半にがたっと落ちた。いきなり全力投球でペース配分を忘れてしまったのだろう。まだまだ勢いだけで投げて来たところがあり、駆け引きをしながらピッチングができていない。石川のフォームならば縦の変化球で勝負できるはず。フォーク、カーブなりの変化球をマスターできるだろう。そういう技を身に付けるよりも、まずは誰にも打たれないストレートを目指して、ストレートに強弱をつけることから始めるだけでも、だいぶ違いは出てくるはず。すべて100パーセントではなく、普段は7割~8割だけど、ここぞというときに10割の力で抑えられる術を身に付けていってほしい。

【次のページ】 前橋育英vs青藍泰斗(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沢村賞の大野ら中堅の活躍光るも若手は...中日投手陣の近年上位指名組の成績 【ニュース - 高校野球関連】
村中恭兵(東海大甲府出身)がBC栃木へ!今年入団した高卒選手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第1205回 高卒プロ入りへ!独自大会で飛躍を誓う142キロ右腕・佐々木康(青藍泰斗)が見据える未来 【2020年インタビュー】
第1204回 石川翔に続くプロ野球選手に!最速142キロ右腕・佐々木康が積み重ねてきた土台とプロ入りへの想い 【2020年インタビュー】
第1203回 高校通算20本塁打を放つ石川 慧亮(青藍泰斗)!アベレージヒッターから長距離砲に生まれ変わるまで 【2020年インタビュー】
第1022回 栃木の勢力図に楔を打ち込んだ青藍泰斗。ドラフト候補2人を擁し夏の飛躍へ【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
國學院久我山vs前橋育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
青藍泰斗 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
第68回関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る