2016年05月20日 大垣市北公園野球場

常葉橘vs美濃加茂

2016年春の大会 第63回春季東海地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

少ないチャンスを巧みに生かした常葉橘が接戦を制す

常葉橘・鈴木楓君

 8年前のこの大会では現広島の庄司 隼人投手を擁して優勝している常葉橘。以来県内の強豪としての位置づけとなっている。これに対して美濃加茂は92年以来という久々の東海大会出場となった。

 美濃加茂は内田君、常葉橘は鈴木楓君の先発で、お互いにテンポがよく、自分のリズムで投げ合っていく投手戦となった。 先制したのは美濃加茂で4回、先頭の4番中村翼君が失策で出るとバントで進んで一死二塁。6番土屋君の中前打で生還した。常葉橘鈴木 楓君としても、2回には一死満塁でのスクイズを自らのグラブトスの好プレーで併殺として切り抜けた後だっただけに、ちょっと気持ちが緩んだところもあったのかもしれない。

 試合展開としては、この1点が思っていた以上に重くなっていくのかなと思われかかったところだった。そんな折の6回、先頭の3番山野君が三塁線を破る二塁打で出塁すると続く高沢君は死球で一二塁。しかし、伊藤君は併殺打となり二死三塁。チャンスが潰れたかと思われたところで、暴投が出て同点となった。常葉橘としては、攻めようとしたら上手くいかずというところでの幸運な得点だった。

「県大会も何となく、するすると網の目をかいくぐるようにしながら勝ってきました」と、小林正具監督は言っていたが、まさにそれを立証してくれるかのような同点劇だった。

【次のページ】 常葉橘vs美濃加茂(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【選手名鑑】190センチ右腕や甲子園経験捕手など!静岡にいる逸材11名をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
5試合すべて自責点1以下。安定感誇る高橋遥人(常葉橘出身)の持つ魅力とは 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 記念すべき年となった2019年愛知の高校野球!1年を総括する漢字は『誉』しかない!【愛知の高校野球】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第934回 秋、春の4強がそのまま勝ち上がるか?大垣日大、県立岐阜商らが岐阜の頂点目指して争う!【岐阜大会展望】【大会展望・総括コラム】
加藤学園vs常葉橘【静岡県 2019年春の大会 春季東海地区静岡県大会】
第885回 静岡商や常葉大菊川、加藤学園などを中心に優勝争い!伝統校、新鋭校が入り混じり混戦か?【大会展望・総括コラム】
第881回 安定した岐阜4強の牙城を崩す学校が現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
中京大中京vs常葉橘【2018年 練習試合(交流試合)・春】
常葉菊川vs常葉橘【静岡県 2017年秋の大会 秋季東海地区高校野球静岡県大会】
藤枝明誠vs美濃加茂【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
麗澤瑞浪vs美濃加茂【岐阜県 2016年秋の大会 岐阜県秋季大会】
常葉橘 【高校別データ】
美濃加茂 【高校別データ】
第63回春季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

常葉橘タチバナ、頑張れミッキー 2016.05.20
優勝して、夏に弾みを。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る