2016年05月05日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

高知vs川之江

2016年春の大会 第69回春季四国地区高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

夏を制するための推進力得た高知と川之江

3戦連続の先発となった高知・谷脇 瑞基(3年)

 センバツ出場4校のうち、土佐(高知)・大会準優勝の高松商(香川)は代表決定戦で敗退。残る小豆島(香川)は初戦、明徳義塾(高知)も決勝戦には残れず。また、低気圧襲来による強風の影響もあり、本塁打数は3年ぶりの「0」。大会の「華」という部分では盛り上がりを欠いた今回の春季四国大会。ただし、決勝進出の高知(高知)・川之江(愛媛)にとっては、間違いなく夏への推進力を得た「よき大会」だったと言える。両校の収穫を分析していきたい。

 敗れた川之江最大の収穫は「外野手の守備範囲には課題があるが、投手中心に守りの野球ができた」(友近 拓也監督)守備面。県大会優勝の立役者・エースの糸川 亮太(3年・投手・右投右打・170センチ72キロ・川之江ボーイズ出身)を「右ひじに違和感が出て5・6月に投げ込みができるように大事を取った」中にあっても3試合ノーエラーで乗り切った。

 この日、指揮官は糸川に加え1回戦・準決勝と連投した左腕・橋本 光太(2年・投手・左投左打・172センチ61キロ・川之江ボーイズ出身)にも休養を指令。前日、7回にリリーフも1死も取れずマウンドを降りた松本 健太郎(2年・右投右打・172センチ66キロ・四国中央市立川之江北中出身)に先発マウンドを託した。松本健は7回137球6失点。10安打こそ浴びたものの、2回裏に一死一・二塁から「ストレートに張っていた」2番・大西 康太(3年・二塁手・右投左打・166センチ57キロ・三田リトルシニア<兵庫>出身)に狙い打たれた右翼線2点適時打含む5安打を浴び5点を失った2回裏を除けば、最速136キロのストレートとスライダーを丁寧にコーナー低めへ投げ分け、夏への希望が見える投球を見せた。

 打線も初回に「二遊間がすぐベースから離れたのを見て、2球目で行けると思ってスタートした」2番・山尾 拓摩(2年・中堅手・168センチ58キロ・右投左打・南都ボーイズ<奈良>出身)の三盗を契機に4番・日野 智也(3年主将・右翼手・右投左打・172センチ70キロ・新居浜ボーイズ出身)、5番・曽我 飛夢(3年・左翼手・右投右打・175センチ70キロ・東加古川レッドアローズ<ヤングリーグ・兵庫>)が連続適時打。土壇場の9回表にも二死満塁から途中出場の8番・直野 和弘(3年・捕手・174センチ67キロ・右投右打・新居浜ボーイズ出身)が、三塁線を鋭く破る2点二塁打。「逆転された後にエンジンがかかるのが遅い」と友近監督はそれでもダメ出しの姿勢を崩さなかったが、今大会貫かれた粘り強さは決勝戦でも随所に見えた。

【次のページ】 高知vs川之江(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
必要なのは育てる環境!NPBの試合を通じて四国全体に伝えたいこととは? 【ニュース - コラム】
高知・森木 大智「真の大黒柱」への第一歩!練習試合の模様をレポート! 【ニュース - 高校野球関連】
高知vs八幡浜【2019年 練習試合(交流試合)・春】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年春の大会 平成31年度春季高知県大会】
高知小津vs高知高専【高知県 2019年春の大会 平成31年度春季高知県大会】
第854回 狙え!「坊っちゃんスタジアムで黄金週間(ゴールデン・ウィーク)」春季愛媛県大会の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第539回 「選手主導練習」でつかんだ高みへの道程 富岡西【前編】【野球部訪問】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第824回 出でよ!「4強+3」に続く勢力 秋季高知県大会総括【大会展望・総括コラム】
高松商vs高知商【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
高知vs富岡西【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
四国発
川之江 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
第69回春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る