今大会初スタメン!緊張、悔しさ、後に歓喜


 野球は最少失点で食い止めてさえいれば、終盤何とかなる。その格言を象徴するゲームだった。

 3回表、智辯学園の守り。二死一塁から龍谷大平安の4番・橋本 和樹(3年)にレフト前へと運ばれた。智辯学園のレフトは今大会初スタメンの背番号13・中村晃(3年)。「滋賀学園との準々決勝が終わった後の夕方に次はスタメンと言われた。緊張して眠れず、今日も震えていました」と足が動かなかった。捕球ミスでボールはレフト後方へ転がり1点を失った。

 「時間を戻してほしい」と悔やんだ中村だったが、エース・村上 頌樹(3年)が踏ん張る。その後は龍谷大平安に得点を与えなかった。

 攻撃の方では後半に何度もチャンスを作った智辯学園。しかし、龍谷大平安のエース・市岡 奏馬(3年)も踏ん張り、ゲームは粘り合い。9回裏まで進んだ。

 残り1イニングの攻撃となった智辯学園。一死から7番・大橋 駿平(3年)がヒットで出塁。3回の悔しさを晴らしたかった8番・中村もヒットを放ち、9番・青木 雄大(3年)も続いて三連打で満塁。同点どころか、逆転サヨナラにできるチャンスを作った。打席は1番・納大地(3年)。

 ここで自らがサヨナラのランナーになることを悟った中村に一つの思考が生まれる。「アウトになったとしても、ランナーコーチの指示を無視してでも、本塁に行こうと思った。それを意識して、第二リードを大きく取りました」。

 打席の納は、市岡の2球目を弾き返す。その瞬間、「真っ白になった」という中村の横を抜け、センターへと転がった。三塁走者が還り同点、そして中村も心に決めた通り本塁を目指すと、龍谷大平安のセンター・小川 晃太朗(3年)は捕球できなかった。

 「攻めて勝負してだめだったしょうがない。普段から三塁ランナーコーチをしている経験も生かしました」と喜んだ中村。エラーで失点をし、「時間を戻してほしい」と思いながらも、それを吹き飛ばす逆転サヨナラ劇。もちろん、「時間は戻さなくてもいい」に気持ちは変わった。

 学校としても初の決勝進出。「日本一になりたい。智辯学園の歴史を塗り替える気持ちでやりたい」と中村は高松商との決勝に胸を躍らせた。 

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ