2015年10月25日 徳島県南部健康運動公園野球場(アグリあなんスタジアム)

明徳義塾vs新田

2015年秋の大会 第68回(平成27年度)秋季四国地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

侍戦士・西浦 颯大(明徳義塾)、覚醒の4打点!

9回裏に右中間最深部に2ランを放った新田5番・工藤 耀介(1年・右翼手)

 甲子園での見慣れた風景がJAアグリあなんスタジアムに数年をかけて到達。秋季四国大会での1試合3本塁打以上は2006年10月28日の1回戦・丸亀城西vs新田(スコア15対12)において丸亀城西が4本塁打をマークして以来である。

 しかも3本塁打はいずれも豪快だった。勝利した明徳義塾は4回表に5番・平石 好伸(2年・一塁手・左投左打・187センチ81キロ・浜寺ボーイズ<大阪>出身)122m先に立つバックスクリーン中央部にぶつける推定130mの高校通算第1号弾。

 一方、新田も9回裏に3点ビハインドを追う土壇場で5番・工藤 耀介(1年・右翼手・左投左打・172センチ70キロ・松山ボーイズ出身)が右中間最深部に打った瞬間わかる2ラン。秋季四国大会8打数7安打・秋季公式戦通算26打数19安打の3番・黒川 貴章(1年・三塁手・178センチ69キロ・愛媛ボーイズ出身)含め、敗戦の中にも打線に大きな光明を見出せる一戦となった。

 そしてこの男にも3回表に待望の先制3ランが。2014年・第2回IBAF15U野球ワールドカップ(大会7位)で侍ジャパンU-15代表のユニフォームを身にまとった3番・西浦 颯大(1年・右翼手・右投左打・177センチ65キロ・熊本北リトルシニア出身)がこの新田戦でついに覚醒した。

【次のページ】 明徳義塾vs新田(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
周りからの期待と重圧を一身に背負い続けた森友哉(大阪桐蔭)のラストサマー 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾OB・岸潤一郎が語る、「高校野球は必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【ニュース - インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
新田 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第68回 秋季四国地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

明徳義塾来春は優勝!明徳兄やん 2015.10.26
いい調子!!

一戦必勝で神宮大会へ!
明徳義塾頑張れ!!明徳義塾OB 2015.10.25
優勝目指して頑張れ!
明徳義塾来年の選抜は必ず…大阪のおっちゃん 2015.10.24
大阪やから応援は行かれへんけど明徳頑張れ

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る