打ち合いになるも、最後は仲良く幕を閉じた第70回国体

代打・豊田寛(東海大相模)

 今年の決勝は激戦になり、2015年世代のファイナルにふさわしいゲームとなった。
 まず先手を掴んだのは中京大中京だった。
 1回表、一死一塁のチャンスから3番中村 健人(3年)が適時三塁打で1点を先制すると、さらにワイルドピッチで1点を追加し、2対0とした中京大中京。

 中京大中京の先発・上野 翔太郎(3年)は130キロ~135キロ前後の速球、スライダー、カーブ、チェンジアップを内外角へ投げ分け、精度の高い投球で、東海大相模打線を打たせて取っていった。

 初回に2点を失った東海大相模吉田 凌も角度ある直球、縦に鋭く落ちるスライダーのコンビネーションで、リズムの良い投手戦が続いていた。
 追加点を入れたい中京大中京佐藤 勇基(2年)の本塁打で追加点を入れる。

 佐藤は佐藤秀樹(中日二軍投手コーチ)氏の息子として有名な選手だが、攻守ともにバランスが取れた好選手である。
 遊撃手としての動きは実に軽快で、スローイングも力強い。そしてややヘッドの重みを利かせたスイング軌道から鋭い打球を連発する選手で、早いカウントから振りに行く積極性に加え、打ち損じしないミートセンスの高さが魅力。来年の愛知県を代表する遊撃手になる可能性を持った逸材だろう。

  上野の完封ペースかと思われたが、8回表、東海大相模が反撃。代打・豊田 寛(3年)の中前安打で出塁。U-18ワールドカップで負傷し、まだ全力で走れない。しかしこの男の一打によりベンチは活気づく。主将の長倉蓮は「豊田の安打でみんながよっしゃいける!という雰囲気になっていましたね」
 その後、東海大相模は一死満塁のチャンスを作り、4番長倉が打席に立った。
「4番を打たせてもらっているので、何とか結果を残さないといけないと思いました」と気合いを入れて臨んだこの打席。長倉は2点適時打を放ち、3対2と1点差に迫ると、さらに一死一、二塁から磯網 栄登(3年)の同点適時打で試合を振り出しに戻す。そして吉田 凌の適時打で逆転に成功する。

関連記事 2015年国民体育大会特設応援サイト