最後はホームランで締めた智辯和歌山の主砲コンビ

山本龍河(智辯和歌山)

 壮絶な打撃戦となった一戦。地元・智辯和歌山の長打攻勢に紀三井寺のスタンドは何か満足したような雰囲気であった。
 3回表、1対2と智辯和歌山が1点ビハインドの場面で、3番に入った春野 航輝に打席に回った。吉田 凌に対し、ストレートに狙い球を絞っていた春野は高めに浮いた初球のストレートだった。左中間に飛び込む豪快なソロ本塁打で沸く紀三井寺球場。

 その後も、失点を喫する智辯和歌山だが、自慢の打線で吉田にくらいつく。吉田の出来は敦賀気比戦よりも良く、何度も130キロ後半の速球を計測しており、縦スライダー、カーブのキレも良いが、ほんの少しだけ高めに入る時がある。そこを智辯和歌山打線が逃がさなかった。

 そして5回表、ここまで通算49本塁打の山本 龍河が打席に立った。吉田 凌に対して、スライダーに狙い球を絞っていたが、この打席に限りストレートに狙いを定めた。山本は外角直球を捉え、打球は左中間に飛び込む本塁打。滞空時間が長いスラッガーらしい本塁打であった。

 1年秋から野手に専念し、メキメキと本塁打を量産した山本だが、最も快感があるのが左中間に飛び込む本塁打だという。打つときに首を傾けながらスイングする独特の打法。スイング軌道を見るとややアッパー気味だが、ボールを遠くへ運ぶ技術が備わっている。これで通算50号。山本は、「49号だとなんとなくひっかかりがあるじゃないですか。これで50号で終われたので良かったです」と満足そうに振り返った。

 卒業後は大学で続ける山本。本人は「打撃しかないです」と語るが、ライトから見せる強肩も魅力的な選手。ぜひ強肩強打の外野手として活躍を期待したい。

関連記事 2015年国民体育大会特設応援サイト