打たせて取る投球で早稲田実業打線を手玉に取った松尾大輝!

松尾 大輝(鳥羽)

 打たせて取る投球を最後まで守り抜き、強打の早稲田実業打線を凌いだ鳥羽のエース・松尾 大輝早稲田実業の猛打が発揮されれば、大量点を覚悟したかもしれない試合だったが、投手陣を盛り立てる好守備と松尾の粘投が光った試合だった。

 鳥羽はいきなり無死満塁のピンチを招き、4番加藤 雅樹(3年)に犠飛を打たれ、1点を先制されたが、5番金子銀河(2年)を遊ゴロ併殺に打ち取り、ピンチを切り抜けてからリズムに乗る鳥羽。2回表も、9番渡辺 大地(3年)の適時打で2対0とされるが、決定的な点差を付けられることなく、終えることができたのか。鳥羽ナインを見るとひょっとしていけるかもという雰囲気になっていた。

 そして2回裏、鳥羽は二死二塁のチャンスを作り相手の敵失で1点を返す。さらに1番上原 大和がセンターの頭を超える適時三塁打で同点に追いつく。相手からのミス。そして適時打で一気に同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。

 3回表からエースの松尾が登板。練習試合でわずか3イニングでの調整登板だった松尾。ロングリリーフとなったが、早稲田実業を倒したい。そんな気持ちが動かしたのか、松尾は快投を見せる。130キロ前半のストレート、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分け、早稲田実業打線の狙い球をことごとく外していきながら投球を展開する。

 また第1打席、第2打席で安打を放っていた清宮 幸太郎も、第3打席、第4打席で打ち取った松尾。
「カウント球なのですが、打ち損じてくれましたので、助かりました」と振り返るように、打ち急ぐ早稲田実業の各打者に対し、緩い球を混ぜたり、要所で力で押したりと絶妙な投球で、登板した3回以降、無失点の投球に抑え、「100周年対決」を制した。
 松尾を盛り立てようと、簡単なミスをしない鳥羽ナインの堅い守備に加え、そして広角に打ち分ける打撃を見せ早稲田実業投手陣を打ち崩しにかかろうとしていた。その戦いぶりは強豪私学に打ち破りたい公立校にとってはお手本のような戦いぶりであった。

(文=河嶋 宗一

関連記事 2015年国民体育大会特設応援サイト