今、伸び盛りの成田翔が2安打完封!

成田翔(秋田商)

  「甲子園、U-18ワールドカップを経験したことで自信を持って投げることがでています」と語る秋田商成田 翔。甲子園で3本塁打を放った山本 武白志など強打者擁する九州国際大付打線に怯む様子はなかった。

 ワールドカップが終わり、2日後に国体へ向けて始動した成田 翔。そこから精力的に調整をしてきた成田 翔はさらに進化した姿を見せてくれた。
 これまで成田 翔は、140キロ前後の快速球、縦スライダーで圧倒する成田 翔だが、今日は135キロ~138キロ前後のスピンがかかった高回転の速球、120キロ前後の鋭く落ちる縦スライダーに加えてチェンジアップが加わった。チェンジアップはU-18ワールドカップ期間中に、小笠原 慎之介東海大相模)とキャッチボールしているときに小笠原がチェンジアップを投げてきた。そこで成田はどうやって投げているのか、握り方、抜き方を教わった。成田は自分なりに曲げられる握り、抜くポイントを掴み、国体へ向けてだんだん精度が仕上がってきた。

 110キロ台で、一気に落ちる精度の高い変化球に作り上げた成田 翔はチェンジアップの割合を多くし、立ち上がりから三振を量産。注目の山本 武白志には第1打席には空振り三振、第2打席は良い当たりの右飛、第3打席は痛烈なニゴロと3打数0安打に抑え込んだが、成田 翔は「良い当たりをされたのは悔しかったですね」と負けず嫌いの一面を見せた。

 コントロールも素晴らしく、リズムの良い投球で2安打完封、11奪三振の完封勝利を挙げた。成田翔は「ストレートの勢いも良く、コントロールも良く、90点を挙げられる内容だったと思います」と自己採点も高くつけていた。

 9月に入ってもさらに高みを目指す成田 翔。思えば甲子園に出場してから世界が広がった選手である。そこで快投を見せ、そしてワールドカップへ出場し、同世代のトップレベルのプレイヤーに揉まれたことで、さらにレベルアップするきっかけを作った。もともと強烈な負けず嫌いと向上心を持つ投手。改めてプロ志望を表明した成田 翔だが、この高いモチベーションと向上心の高さがこの男の最大の持ち味。
 まさに成田 翔は今、最も伸びる旬の時期を迎えているのかもしれない。

(文=河嶋 宗一

関連記事 2015年国民体育大会特設応援サイト