日本5人で完封リレー。全勝で優勝決定戦へ

笑顔を見せる小笠原慎之介(東海大相模)

 既に優勝決定戦進出を決めている日本と、スーパーラウンドの成績が1勝3敗で進出ができないことが決まっているキューバの対戦。日本としては、明日の優勝決定戦に向けて、いい流れを作りたい試合だ。

 この試合日本の先発は、夏の甲子園大会優勝投手である小笠原 慎之介。しかし小笠原は1番手の投手であり、日本はこの試合5人の投手をつぎ込んだ。

「登板間隔が開いた投手がいたので、しっかり投げて、明日は全員が投げるつもりでやっていきたい」と西谷 浩一監督が語るように、ここまで完投や長いイニングを投げる投手が多く、投手陣の運営には余裕ができていたのだが、その分投げる機会が少ない投手がいた。その点キューバは、今大会は不振とはいえ、個々の選手のレベルは高いだけに、登板機会の少ない投手には、調整と経験という二兎を追うのに格好の相手であった。

 試合は初回からキューバを攻めたてる。
1回裏日本は左前安打の2番津田 翔希と四球の3番勝俣 翔貴が、キューバの先発、左腕のナハロの暴投で二、三塁に進み、5番平沢 大河が逆方向に強く打った打球が左中間を破り、2点を先制した。

 平沢は3回裏にも勝俣、清宮 幸太郎の連続安打による一死一、三塁の場面で左前安打を放ち、勝俣を還している。
「(国際大会は)外が広いので、逆方向に打つことを意識しています」と平沢は語る。

 組み合わせと応援メッセージは下記リンクから!

2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

 関連記事
【U-18】日本5戦全勝!走攻守すべてにおいて力を発揮した1stラウンドを振り返る
【U-18】2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ 注目選手を分析!
【特設サイト】2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ