2015年09月01日 豊中ローズ球場 (豊中市豊島公園野球場)

オーストラリアvsチェコ

第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 1stラウンド
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

オーストラリアが投打で圧倒!14安打10得点で快勝!

先発投手・STEEDMAN(オーストラリア)

 ここまで2勝2敗のオーストラリアと4敗のチェコが対戦。
オーストラリアは、日本とアメリカに大差をつけられて敗戦するも、勝利した2試合では、2桁得点で圧勝するなど力を持つ。チェコはここまで勝利がなく、何とか1勝を手にしたいところである。

 試合は、終始オーストラリアがリードをする形となった。
2回表に、9番・TSUIの左前安打で1点を先制に成功したオーストラリア。1番・VANKANも連打で続きKINGが生還し2点目。さらに2番・KIFTの適時打で、先制打を放ったTSUIが還り3点のリードを奪うと、以降7回以外に毎回のように得点を重ねるオーストラリア。

 3回にはCALLILの適時打で1点、4回にはKIFTの二塁打で1点、5回にはWILLIAMSの適時打とエラーでそれぞれ1点ずつ追加。6回にはFREWの適時二塁打で1点を追加し、ここまでで8対0と大差をつける。
そして8回に2点を加え、8回裏のチェコの攻撃を0に抑え10得点差となりコールドゲームが成立した。

 勝利したオーストラリアは3勝2敗でグループAで3位につけ、スーパーラウンド進出を決めた。

(文=佐藤 友美)

 組み合わせと応援メッセージは下記リンクから!

2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

 関連記事
【U-18コラム】2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ 注目選手を分析!
【特設サイト】2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る