佐藤5安打完封。日本、足でアメリカを攻略


強敵アメリカに完封勝利を挙げた佐藤 世那(仙台育英)

 メジャーリーグは、世界の野球の頂点にあるが、国際大会となると、メジャーリーグ選抜より、必死さが違うメジャー予備軍の方が手ごわい。この試合で先発したギャレットは速球、スライダーにキレがあり、日本は4回まで安打はわずか1本、三振は7個と完璧に抑えられていた。

 一方日本の先発は佐藤 世那
「佐藤の変化球をアメリカの打線は嫌がるかと思いました」と、西谷 浩一監督は、起用の理由を語る。その狙い通り、躍動感のある投球に、得意のフォークを効果的に使いアメリカを封じる。

 0対0の均衡を破ったのは、日本の足であった。
5回裏日本は、6番伊藤 寛士が右前安打で出塁すると、郡司 裕也がしっかり送り、この日二塁手で先発している8番津田 翔希が右前安打。伊藤が生還し、日本が先制した。
伊藤も津田もこの日が初先発。左投手の登板も想定しての起用であったが、右投手のギャレットにも、うまく適応した。

 その津田は飛び出して刺されたものの、9番舩曳 海は四球で出塁。すかさず盗塁して二塁へ。1番オコエ 瑠偉はボテボテの一ゴロ。これを快速オコエは内野安打にする。その間に舩曳は一気に本塁を陥れ、2点目。内野安打のオコエも二盗。
オコエは二盗に成功した後、3番平沢 大河の打席で二、三塁間に挟まれるも、三塁手が二塁へ暴投。カバーの右翼手がもたつく間に、オコエは一気に本塁へ。スライディングのベースタッチが一瞬早く、アメリカに大きなダメージとなる3点目を挙げた。

 佐藤は5回表に2本の安打と四球で一死満塁のピンチを招くが、併殺に切り抜ける。そこから疲労も懸念されたが、9回に1本打たれた以外は、6回以降は安打を許さない。

 この日マスクを被った仙台育英の同僚・郡司は、「アメリカがフォークを狙ってきたのが分かったので、中盤からフォークを決め球くらいに使う程度にしました」と語る。

 日本の足を使った攻撃と、仙台育英バッテリーの息の合った投球で、日本はアメリカに快勝。佐藤はアメリカを被安打5、奪三振9に抑えた。

 負けたとはいえ、アメリカも当然次のラウンドに残るだろう。スーパーラウンド進出チーム同士の1次ラウンドの対戦結果はそのまま持ち越される。その意味でも、日本にとって貴重な1勝であった。

(文=大島 裕史)

 【試合画像64枚UP!】アメリカ代表に完封勝利!試合のもようはこちら!

 組み合わせと応援メッセージは下記リンクから!

2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

 関連記事
【U-18:本日の編集部インタビュー 】アメリカ打線を抑え込んだ郡司 裕也の「頭脳的リード」を探る
【U-18】若き侍の対戦相手を紹介! アメリカ編
【U-18コラム】2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ 注目選手を分析!
【特設サイト】2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ