走らなくても点の取れる健大高崎、打撃力で16強進出

 技巧派左腕を擁する創成館健大高崎の機動力にどう対処するのか。そんな見所で始まった試合は創成館の1番・鳥飼 立樹(3年)のレフトフェンス直撃のスリーベースからいきなり動く。

 健大高崎の先発マウンドに上がった背番号10のアンダースロー投手・橋詰 直弥(3年)が立ち上がりに微妙なコントロールが定まらず2ボールとなると、ストライクを取りにきた3球目を捉えた鳥飼の打球はレフトの頭上を軽々と越えた。続く嶋田 力也(3年)がライトに犠牲フライを放ち、創成館が6球で先制に成功。
しかしその後は健大高崎の橋詰が安定した投球を見せ、4回二死一塁で創成館のキャプテン・大田 圭輔(3年)にレフト線を破るツーベースを打たれた際には一気にホームを狙った一塁走者を刺すなど、バックが盛り立て5回まで0が並ぶ。

 創成館の先発・藤崎 紹光(3年)も左のサイドスローとタイミングを外す技巧派タイプ。初回、健大高崎の1番・春日 優馬(3年)にいきなりヒットを許すが盗塁警戒の中、続く林 賢弥(3年)をサード正面の併殺打に打ち取り、2回にはスタートを切った一塁走者を牽制で刺すなど健大高崎最大の武器、機動力を封じる。

 ただ、単純な盗塁だけではないのが健大高崎が磨き上げた機動破壊。
1点を追う5回には足と技術の合わせ技からチャンスを作り逆転に成功する。先頭の宮本 隆寛(2年)がヒットで出塁すると、続く小谷 魁星(3年)の打席でスタートを切り小谷はプッシュバントを投手と一塁手の真ん中に転がす。盗塁を見た二塁手は捕手からの送球に備えて二塁ベース方向に動くため当然バントに対する一塁へのベースカバーは遅れる。ガラ空きになった一塁への送球はタイミングが合わず相手の失策を誘い無死一、三塁。佐藤 望(3年)の犠牲フライで同点とすると好投していた橋詰の代打・大島 匡平(3年)がヒットでチャンスを広げ、その後二死満塁から相馬 優人(3年)がセンター前に2点タイムリー。鮮やかな攻撃で試合をひっくり返した。