大きいリード、本盗、盗塁数、打者走者のスピードと随所に機動破壊を見せた健大高崎


本盗を決める宮本隆寛選手(健大高崎)

 高崎健康福祉大学高崎(以下健大高崎)が持ち味の走塁で藤井学園寒川を翻弄した。私が全力疾走(俊足)の目安にしている打者走者の「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達11秒未満」をクリアしたのは4人7回。私の目安では3人以上のタイムクリアが及第点で、5人以上はよく走ったとノートに花丸マークをつけている。つまり、4人7回は「さすが健大」と言ってもいい数で、それに対して寒川は3人5回。これも及第点と言っていい走りである。

 健大高崎の走る野球には「機動破壊」の異名がつくものの、「打者走者の走り」という部分に注目すれば昨年より劣る。しかし塁に出れば走者が大きいリードでバッテリーをけん制し、3回には一、三塁の場面で一塁走者がディレードスチールを敢行、二塁送球のスキをついて三塁走者が生還するというシーンを見た。青柳博文監督が「盗塁数だけだ『機動破壊』ではない」と雑誌に語っている通りの足技である。

 毎年のように走塁で魅了する“スピードスター”も存在する。2番の林 賢弥(遊撃手)だ。3回表に送りバントをしたときの一塁到達タイムが3.82秒。私の目安では4.29秒が全力疾走(俊足)の最低ラインで、4秒を切れば超高校級、さらに3.8秒台は俊足のプロレベル。林の3.82秒はそう簡単に出せるレベルのタイムでないことがわかる。

 しかし、6回裏にはさらにタイムを伸ばしてきた。2死ランナーなしの場面でセーフティバントを決め、このときの一塁到達が3.42秒。隣で見ていたスポーツライターの西尾典文さんのストップウォッチを覗くと、そこには「3.45秒」の数字が。「3.4秒台は初めてです」と言うが、私にとっても3.4秒台は初めてだと思う。

 数年前に糸井嘉男(オリックス)がバントを決めたときのタイムが、私が03年以降計測し続けてきた中での最高タイムだが(はっきりした数値を思い出せない)、林のタイムはそれを超えたと思う。 

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会