一戦ごとに成長する川越東。健大高崎を破り決勝進出!

チームを引っ張る大南(川越東)

 関東大会ベスト4まで駆け上がった川越東
目的意識が高いチームで、勝つために何をするべきなのかをしっかりと選手が考えてプレーできている。やはり絶対王者・浦和学院という存在が、選手の意識、実力を高めているのが伺える試合内容であった。1回裏、一死三塁から内野ゴロで1点を失うが、2回表、川越東は、一死二塁から8番大南 和優(3年)が左中間を破る適時二塁打で1対1の同点に追いつく。

 4回表、二死二、三塁から1番福岡 高輝(3年)の左前適時打で勝ち越しに成功すると、さらに2番吉澤仁太郎(3年)も適時打を放ち3対1とリードを広げ、さらに5回表、先頭の4番藤野 隼大(3年)が右越え三塁打を放ち、5番札葉 弘樹(3年)が中前適時打を放ち4対1。さらに一、三塁から8番大南がセーフティスクイズを決め、5対1と点差を広げる。

 川越東は、好打者・福岡、パンチ力あるセカンド・駒崎 真也と好打者が揃うが、上位下位切れ目なく、勝負強さをミート力を兼ね備えた選手が揃う。主将の大南も逆方向に打ち分ける上手さだけではなく、野球勘が優れ、戦術がいろいろ仕掛けられる選手。また5番を打つ札葉もスイングの鋭さ、パンチ力の強さはスタメンの選手の中でも優れており、どの試合でも鋭い打球を飛ばしている。そして狙い球を絞らせないリードと、詰まりながらも力強いスイングでヒットゾーンに飛ばすパワーを持つ藤野と一試合経て成長を見せてきている。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!