健大高崎の4番柴引が嫌なムードを払しょくする劇的なサヨナラ2ラン!

國學院栃木打線を引っ張る4番横倉

 北関東同士の対決。それにしても近年の北関東の躍進ぶりは素晴らしい。2014年には桐生第一が選抜ベスト8、佐野日大が選抜ベスト4、夏には健大高崎はベスト8、そして今年の春は健大高崎がベスト8と今、南関東勢より勢いがある戦いを見せている。この試合も終盤まで1点を争う好勝負となった。

 1回表、國學院栃木は1番金子 莉久(3年)、2番高橋一将(3年)の連打で無死一、二塁のチャンスを作ると、その後、一死二、三塁となって、4番横倉 隆生(3年)の適時打で1点を先制。横倉だが、なかなかパワフルなスイングをしている。構え方に癖がなく、ゆったりとボールを呼び込んで鋭いスイングを見せている。

 だが1回裏、健大高崎も、一死から2番林 賢弥(3年)が四球で出塁すると、3番相馬 優人(3年)の中前安打、4番柴引 良介(3年)の三塁強襲安打で、一死満塁のチャンスを作ると、5番柘植 世那(3年)の二ゴロで1対1の同点に追いつく。

 このまま試合は膠着状態に。國學院栃木は、先発・大垣 塁(3年)が好投。左腕から120キロ後半の速球、スライダー、緩いカーブを低めに丹念に投げ分ける投球。167センチ60キロと投手として小柄だが、腕の振りが鋭く、手元でピュッと切れるボールを投げ込み、健大高崎打線も苦しんでいた。

 6回裏、健大高崎は二死から7番知念 和万(3年)が安打、盗塁で二死二塁とチャンスを作り、8番皆川 倫之(3年)の適時打で2対1と勝ち越しに成功する。そして7回裏、國學院栃木は2番手に渡邊 峻平(3年)を投入する。

 渡邊だが、県大会では不調だったが、打撃は好調で、背番号4でベンチ入り。175センチ65キロと細身だが、全体的にバネがあり、代打として出場した7回表は併殺に倒れたが、スイング自体は鋭く、パワフル。投球フォームはノーワインドアップから始動し、左足を高々と上げてから、インステップ気味に踏む込んで、腰を一気に回転をさせて、その力を生かして、鋭い腕の振りを見せる。だが腕が外回りでリリースにばらつきがある。この日は常時130キロ中盤~130キロ後半(最速137キロ)を計測していたが、コントロールがやや乱れ気味。健大高崎はそれを逃さず、一死満塁のチャンスを作り、3番相馬の犠飛で1点を追加し、3対1と追加点を入れる。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!