終盤に4点を奪う逆転劇!選抜ベスト8の本領発揮!!

好投した川井智也(健大高崎)

 山梨県富士北麓公園野球場で行われた関東大会の2回戦第2試合は、1回戦で日本航空を破った(試合レポート健大高崎(群馬2位)vs専大松戸(千葉1位)の戦い。

 試合は、初回からお互いピンチを迎える。
1回表の健大高崎の攻撃では、前日の試合で4安打と大活躍だった1番・春日 優馬が中前へ安打を放ち、2番・林 賢弥が送ると、4番・柴引 良介が安打を放ち二死一、三塁とされるも、専大松戸に守備の好プレーが飛び出し、この回0で切り抜ける。

 対する専大松戸は、二死から3番・岡本 良樹が死球で出塁すると、続く4番・丸茂 弘汰が中前に安打を放ちチャンスを広げる。そして、5番・河村 佳祐の放った打球は左前へ落ち、ランナーは本塁を狙うもタッチアウトで得点とはいかなかった。

 試合が動いたのは、3回表の健大高崎の攻撃であった。
1番・春日の足が相手のミスを誘い出塁すると、2番・林も左前に安打を放ち出塁する。続く3番・相馬 優人が四球を選び、一死満塁の場面で迎えるバッターは4番・柴引。柴引は冷静にボールを見定め、四球を選び押し出しという形で先制点を得た健大高崎

 4回まで、専大松戸を0に抑えてきた健大高崎・先発の川井 智也から得点を奪ったのは5回の攻撃であった。
先頭の9番・角谷 幸輝がエラーで出塁すると、1番・渡辺 大樹が左前安打で続き、2番・高田 拓実が強襲安打で1点をもぎ取る。4番・丸茂も強襲安打で1点を追加。その後、相手のバッテリーミスで1点の計3点を奪い、専大松戸が3対1と逆転に成功する。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!