取られたら取り返す!選抜ベスト8の意地を見せた健大高崎!!

攻守で大活躍の春日優馬(健大高崎)

 雄大な富士山を臨む山梨県富士北麓公園野球場で行われた関東大会1回戦の第二試合は、健大高崎(群馬2位)vs日本航空(山梨4位)との一戦。

 第1試合(試合レポート)とは正反対な試展開となった。
1回表の日本航空の攻撃では、先頭の1番、2番が連続三振を奪われ、二死から3番・杉村真之介が内野安打で出塁すると、4番・浅野明良の適時2塁打で1点を先制した日本航空

 しかし、健大高崎も負けじとすぐに反撃。先頭の1番・春日 優馬が2塁打で出塁し、2番・林 賢弥が送り、3番・相馬 優人が四球で出塁し一死一、三塁のチャンスを作ると、日本航空バッテリーにミスが出たところを見逃さず春日が生還し健大高崎が1点を返す。その後も、5番・柘植 世那が左前に打球を運び1点を追加し、早々に逆転する。

 その後、3回にも1番・春日の右中間を破る2塁打と2番・林の内野安打と相手の隙をついた走塁からチャンスを広げると、3番・相馬が放った打球が犠飛となり、1点を追加する。

 3対1と健大高崎がリードする中で、1番・石川武聖、2番・西村巧瑛が出塁した日本航空の5回表の攻撃で、3番・杉村が放った打球はフェンスを越え逆転となる3点本塁打となり、4対3とする。

 しかし、そこで黙っていないのが、今春選抜ベスト8の健大高崎だ。
逆転された5回裏に、すぐさま反撃を開始する。1回と3回の得点の原動力となっている1番・春日がまたしても安打で出塁すると、3番・相馬も続き、二死二、三塁の場面で先制点を挙げた5番・柘植に打順が回る。柘植が放った打球は右翼手を越える適時2塁打となり、すぐさま2点を返し5対4と再び試合をひっくり返す健大高崎

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!