2015年05月02日 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム)

英明vs明徳義塾

2015年春の大会 第68回春季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

悩める明徳義塾に一筋の光を灯した「ルーキーズ」

試合を決める大会第1号3ランを放った中野 公貴(英明・3年・左翼手)

「グッと我慢できるところない。これが最近、明徳(義塾)が勝てていない理由よ」
試合後、馬淵 史郎監督が嘆いた通り。明徳義塾にとっては「弱り目に祟り目」のような試合展開だった。

 試合前から前兆はあった。春季高知県大会決勝戦で最速145キロをマークした國光 瑛人(2年・右投右打・178センチ71キロ・龍野ボーイズ<兵庫県>出身)は直後に軽度の右ヒジ疲労骨折を発症。立ち投げの段階までは回復するも、大事を取って大会登録を直前で外した。

 他の投手陣も軒並み不調。平石 好伸(2年・左投左打・188センチ78キロ・浜寺ボーイズ<大阪府>出身)は今大会登録外。昨秋は背番号「20」から「1」を勝ち取った中野 恭聖(2年・右投右打・172センチ69キロ・えひめ西リトルシニア<愛媛県>出身)も現在は指揮官いわく「Bチームの試合でも打たれる」。エースナンバーを背負わせる投手は、実質皆無といってもいい惨状だった。

 果たして彼らは厳しい現実を突きつけられることになる。中野に代わりエースナンバーを託して先発マウンドに送り出した飛田 登志貴(3年・185センチ78キロ・右投左打・大津北リトルシニア<滋賀県>出身)は、1回3分の2で4点を失い降板。5回裏に3番手で登板した中野も7番・中野 公貴(3年・172センチ73キロ・右投右打・高松市立古高松中出身)に3ランを浴びるなど5失点。

 一方の打線も、最速137キロ・英明・香川 智彦監督が「アップアップ」と評したエースの田中 寛大(3年・左投左打・176センチ78キロ・高松市立古高松中出身)を打ち崩せず。正直「完敗」だった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 英明vs明徳義塾(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
周りからの期待と重圧を一身に背負い続けた森友哉(大阪桐蔭)のラストサマー 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾OB・岸潤一郎が語る、「高校野球は必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【ニュース - インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
英明 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第68回春季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る