2015年05月24日 北九州市民球場

飯塚vs英明

2015年 練習試合(交流試合)・春 平成27年度招待野球福岡
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

飯塚が代打・原のサヨナラ安打で選抜出場の英明を破る!

本塁打を放った北野(飯塚)

 24日、秋春四国王者の英明は九州大会出場の飯塚と対戦。飯塚NHK杯を制しており、今、最も勢いあるチームである。その勢い通り、英明を圧倒。夏の優勝候補になるのではと思わせる戦いぶり、攻守の完成度、選手の技量の高さがあった。

 先制したのは飯塚。3回裏、1番北野 秋宏(3年)が北九州市民球場のフェンスを越えるホームランで1点を先制する。この場面について北野は、
「打ったのはカーブ。思い切り引っ張ることができました」と振り返るように、実に力強いスイングであった。両翼92メートルと狭いが、5.2メートルとフェンスが高い北九州市民球場だが、それを大きく超えて、北野自身、2本目の本塁打となった。さらに北野は5回表の第3打席でもストレートを捉え左中間を破る二塁打を放つ。少し緩めに走って、8.10秒を計測。それでもなかなか速いタイムである。

 北野は2012年、甲子園出場した北野 貴昭選手(福岡大)の弟である。兄も抜群のスピードを持ち合わせたショートストップだったが、弟もスピード面では負けていない。打撃については、オープンスタンスからバットを寝かせ気味に構え、最短距離で振りぬく打撃ができている。守備範囲が広いセンター守備も魅力的で、走攻守三拍子揃った逸材だ。

だが英明も4回表、一死一、二塁から四国大会で本塁打を放ち、神主打法から6番中野 公貴(3年)が左中間を破る適時二塁打で同点に追いつく。
 試合はしばらく膠着状態となり、投手戦に。英明はエース・田中 寛大が、右足を高々と上げる独特のフォームでタイミングをずらし、130キロ前半の直球、スライダー、チェンジアップ。ここぞという場面ではチェンジアップを連発してしのいだり、5回裏、一死二塁のピンチでは、絶妙な牽制で刺すなど、実戦度の高さをアピール。

 飯塚の先発・渡辺 健太も好投。180センチ75キロと恵まれた体格をした右腕。右上手から常時130キロ~135キロの直球に、スライダー、カーブ、スプリットを投げ分ける投球。フォームのバランスも良く、開きが小さく、下半身主導のフォームから投げ込む投手で、筋の良さを感じる投手であった。さらに体の力ができれば、コンスタントに140キロを出せる可能性を持った選手である。
 そして試合は終盤に動き、3番森山 海暉(3年)が敵失で出塁し、ワイルドピッチ、犠打で一死三塁から5番圖子 優人(3年)のスクイズで勝ち越しに成功。ここで渡辺は降板。
 内容を振り返って渡辺は、
「今日は直球が走っていたので、しっかりと内角を厳しく投げることができました。ただストレートのスピード、キレ、スプリットの精度がまだまだなので、分かっていても、打たれないような精度にしていきたい」と意気込みを語った。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 飯塚vs英明(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
西武はドラ1「以外」の高卒先発投手は苦しい? 最後の規定到達は1994年の工藤公康 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園出場経験を持つチーム同士が揃う超激戦区を勝ち抜くのは?【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
英明vs四学大香川西【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
英明vs高松工芸【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
英明vs香川高専高松【香川県 2018年秋の大会 香川県秋季大会】
折尾愛真vs飯塚【福岡県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北福岡大会】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
飯塚 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る