2015年05月23日 北九州市民球場

東海大菅生vs新宮

2015年 練習試合(交流試合)・春 平成27年度招待野球福岡
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東海大菅生が逆転で招待試合2連勝!

適時打を放った勝俣翔貴(東海大菅生)

 第2試合、東海大菅生はこの春、ベスト8の新宮と対戦した。1回裏、新宮が一死三塁から3番佐藤慎也(3年)の適時打で先制。2回表、東海大菅生は二死二、三塁から杉本 蓮(2年)が右前2点適時打を放ち、逆転に成功する。

 だが3回裏、東海大菅生はミスが絡んで逆転を許すが、6回表、再び8番杉本が適時打を放ち、3対3の同点に追いつく、そして7回表、5番に座る伊藤 壮汰(2年)が勝ち越しの適時打を放ち、4対3。さらに9回表、二死二塁から4番勝俣 翔貴(3年)が高々と打ちあがる大きなフライが中前に落ちて、適時打となって、5対3に。
 その後は、8回裏から登板した山口 淳久(3年)が守りきり、見事に2連勝で決めた試合となった。

 東海大菅生の野手陣を総括すると、まずドラフト候補に挙がり、4番ファーストで先発出場した勝俣 翔貴(3年)の打撃を振り返っていく。この2試合で2安打2打点と安打はすべて打点に絡むなど、結果としてみれば勝負強いという印象を受けるかもしれない。安打2本というのは、落ちる球を拾っての安打と打球が上がりすぎてのポテン安打と、綺麗な安打ではない。また凡退した姿を見ると、不調のように感じる。今日の勝俣は全体的にボールを捉えきることができず、ストレートにも差し込まれ気味で、しっかりと芯で捉えた打球がなかったのだ。

 スイング自体は鋭い。実に恐怖感がある。芯で捉えれば、あっという間にスタンドにもっていくだろう。昨秋からそんな本塁打を何度も見ている。体のキレも鈍いわけではない。だが打ちに行くときに首を傾げて打ちにいく癖があるのか、ミスショットが多いのだ。勝俣は縦のスイングで振りにいきすぎる傾向がある。確かにこのスイング軌道で捉えれば、打球は高く上がりやすい。

 しかし確実性が低く、安打量産が難しい。プロでも長打が打てる左打者は、状況に応じてレベルスイングになったり、アッパースイングになったりと上手く使い分けている。また目線のブレも小さい。

 もう一度、ブレを小さくして、的確にボールを捉える形を作り上げることが課題になりそうだ。相手チームにとって怖いのは常に安打ができて、要所で一発を打てること。常に恐怖感を与え続ける打撃を夏へ向けて完成させることができるか。

 新たな収穫として、一塁手の守備は実に上手いこと。グラブさばき、球際の強さ、守備範囲の広さは中々であった。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 東海大菅生vs新宮(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
元プロの若林監督も絶賛!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の歩み 【ニュース - インタビュー】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
オリックス・勝俣翔貴(東海大菅生出身)が菅野から本塁打!恩師で元プロの若林監督が語る勝俣の凄さ 【ニュース - 高校野球関連】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!【東京の高校野球】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs東海大高輪台【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs多摩大目黒【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
東海大相模vs東海大菅生【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
新宮 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る