2015年05月09日 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇)

興南vs九州学院

2015年 練習試合(交流試合)・春 第4回熊本・沖縄親善交流強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ちばりよ!沖縄球児 當山雅通

2011年5月、熊本県側からの提案で両県の親善交流を深めつつ、且つ互いの強化を図ることを目的とした熊本・沖縄親善交流強化試合が9、10日の両日、沖縄セルラースタジアム那覇にて行われた。

比屋根だけじゃない!興南に新たな柱が誕生!

好投を見せた宮里投手(興南)

 第136回九州地区高校野球大会にて延長12回で18個もの奪三振ショーを演じた左腕・比屋根 雅也を擁する興南。だがこの試合で先発を任されたのは背番号10の宮里 匡輝だった。その宮里だが、初回の九州学院を三者凡退に斬ると、序盤の3回まで5番友田 晃聡の四球のみに抑える好投を見せた。九州学院ナインが手元で変化する、というようなジェスチャーを次打者に伝えるが、それでも捉えられず、7回に降板するまで25人中僅か1安打、8奪三振の快投を見せた。

「(春季県大会を含め)今まで投げさせなかったのは、なにも出し惜しみではなく、体が出来ていなかったからだよ。」とは試合後の我喜屋優監督談だ。エース比屋根は終盤の2イニングに登板。8回に1番長谷川 大将にライトオーバーの二塁打を放たれるも次打者をショートゴロ。最終回は先頭打者に四球を与えてしまったが、後続の二人を連続K斬り(三振、盗塁死の併殺で試合終了)。宮里-比屋根のリレーで、秋の公式戦で平均7点以上を挙げた九州学院打線を2安打、三塁を踏ませないピッチングを披露した。

 打線は3回まで、九州学院のエース伊勢 大夢の前に上門 洸輝のヒット1本のみに抑えられていたが4回、先頭の比嘉 龍寿がセンター前へ運ぶとすかさず盗塁を決める。このチャンスに不動の4番喜納 朝規が、センターオーバーの適時三塁打。2ボール0ストライクから、カウントを取りに来た球を逃さず振り抜いた見事な打席だった。だが伊勢も、秋の九州の頂点を極めたピッチャーだけあって常に冷静。身上とする打たせて取るピッチングで次打者を浅いライトフライに斬ると、後続を三振、セカンドゴロにしとめ、無死三塁からの追加点を与えない素晴らしい投球を見せた。

 興南は7回裏、具志堅 大輝がライト前ヒットで出塁すると犠打と佐久本 一輝のセンター前ヒットで一・三塁とすると、左の上門ということでノーマークの九州学院野手陣の意表を突くスクイズで2点目を奪った。伊勢の前に僅か5安打と苦しめられたが、二つしか無かったチャンスを確実に点に結びつけた、ここぞというときの集中力は、さすが春季優勝校といったところだった。

(文=當山 雅通

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園とは比較ができない?島袋 洋奨さん(興南出身)が痛感したプロの世界とは 【ニュース - コラム】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
2010年甲子園優勝投手!島袋洋奨さんが語った春夏連覇の裏側とは? 【ニュース - コラム】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1091回 野球人生の分岐点は兄の直言があった。川野涼多(九州学院)が松井稼頭央二世と呼ばれるまで 【2019年インタビュー】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
九州学院 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る