2015年05月03日 府中工グラウンド

成章vs都立府中工

2015年 練習試合(交流試合)・春 春の交流試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

恒例となった成章の5月連休の関東遠征

 春季大会の終わったところでは、5月の連休は積極的に練習試合を組んでいるチームがほとんどである。特に、この時期は様々な相手と試合をしていくことで、チーム力を上げていくことを目指しているところが多い。また、連休を利用して、普段とは少し環境を変える意味も含めて遠征を組んでいるところも少なくない。

 他県への遠征試合を組んでいくことによって、刺激を受けることもあるだろうし、それぞれの野球環境の差異などを実感することも大きな意味があるであろう。また、遠征に際しての準備をすることや、その心構えを身につけていくことも練習の一環であり、学習要素といってもいい。

 愛知県の成章の場合は、学校の歴史も古く創部110年という伝統があり、卒業生も全国に散らばっている。08年のセンバツに21世紀枠代表校として出場した際に、関西成章会にいろいろ世話になったということで、関西との交流を深めていたところ、関東地区にいる成章のOBなどからも、「関東でも成章の応援をしている卒業生などはいっぱいいるので、遠征に来られないか」ということになった。

 関東地区とは、前任の糟谷 寛文監督の縁で、東京都の都立東大和と交流があった成章である。09年に、都立東大和との交流戦を復活させようということから始めることになったのだが、この時期に都立東大和は他部の活動があって、学校のグラウンドが使えないということになって、繋がりのあった都立府中工と試合を組んでいたということで、成章都立府中工に足を運ぶことになった。

 都立校としては、グラウンド条件などには恵まれている方の都立府中工である。遠来の相手を迎え入れるのは大歓迎である。ということで、ほぼ定期戦的に毎年5月の連休に都立府中工と、さらに翌日には慶應義塾の日吉台グラウンドに行き、東京学館船橋も加わっての変則ダブル。その翌日は、田原市の学校へ帰るのだが、日大三島と試合が組まれており、そこに立花学園も加わっての変則ダブルというスケジュールになっている。

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!

【次のページ】 成章vs都立府中工(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ヤクルト・小川泰弘(成章出身)が5回1失点の好投 “自己ワースト”の昨季から信頼の回復なるか 【ニュース - 高校野球関連】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
愛知産大三河vs成章【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
都立府中工vs都立拝島【東京都 2019年春の大会 春季大会 一次予選】
京都すばるvs京都成章【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
東海大菅生vs都立府中工【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
乙訓vs京都成章【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
第272回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘投手 「小さな投手が第一線で活躍するために必要なこと」 【2015年インタビュー】
成章 【高校別データ】
都立府中工 【高校別データ】
練習試合(交流戦)・春 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る