2014年11月14日 明治神宮野球場

東海大四vs宇部鴻城

2014年 第45回明治神宮野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

落ち着いた試合の入りが出来た東海大四、後半に得点重ねてコールド

先発の上西 嵐満君(宇部鴻城)

 11月も半ばになって、さすがに秋の気配も深まっており、気温も低くなってきている。まして、1日4試合の明治神宮大会、第1試合は8時30分からのプレーボールだ。朝早いだけに、立ち上がりの試合の入り方は特に大事になる。

 北海道の東海大四は、先発の大澤 志意也君が3番梅本 大輝君には安打されたものの、まあスムーズな試合の入り方といっていいものだった。北海道に比べれば、東京の秋はまだまだ十分に過ごしやすいということもあったであろう。

 これに対して宇部鴻城上西 嵐満君は、2番打者として打席に入ってからのマウンドということになったが、先頭の冨田 勇輝君に対して2ナッシングと追い込んでいながら、中前打された。これで、ちょっと、「おやっ?」という気持ちになったのかもしれない。続く金村 航成君、山本 浩平君に連続四球で無死満塁。一死後齋藤 龍生君が中犠飛を放って1点を先制した。

 無死満塁で1点と捉えるか、無死満塁を無駄にしなくてよかったと考えるかで、この1点の捉え方が違ってくる。東海大四としては後者の考え方だったようだ。

 4回に宇部鴻城が失策で二塁まで進んだ走者を7番梅岡 亮太君が帰して、同点としたものの、その裏すぐに東海大四は二死走者なしというところから満塁とし、押し出しで再びリードした。このあたりも、上西君としては、もう一つ自分のリズムに乗り切れなかったというところだろうか。

 それが5回に出た。この回の東海大四は、3番山本君が右前打で出ると、バント失策で一二塁となり、さらには斎藤龍君のバントが野選でまたしても無死満塁。一死後、失策で1点が入り、なおも押し出しと、9番大澤君の中犠飛と、その中継ボールがそれる間にもう一人帰ってこの回4点。失策も3個を記録した。

第45回記念明治神宮野球大会

【次のページ】 東海大四vs宇部鴻城(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
国体出場12校が決定!熱戦の智辯和歌山、星稜などが出場! 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か? 【ニュース - コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
明石商vs宇部鴻城【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第956回 ベスト8をかけた戦い!東海大相模ら 大会10日目4試合のみどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
宇部鴻城vs宇和島東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第10回 宇部鴻城高等学校(山口)【7年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
下関国際vs宇部鴻城【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
宇部鴻城vs石見智翠館【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
光vs宇部鴻城【山口県 2017年 山口県1年生大会決勝大会】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
宇部鴻城 【高校別データ】
東海大四 【高校別データ】
第45回記念明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

宇部鴻城宇部鴻城必勝!ぐっさん 2014.11.13
大舞台を楽しめ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る