144キロ右腕がウイニングショットに選んだのは!

ウイニングショットはフォーク!
佐藤世那(仙台育英)

 7対2と5点をリードする仙台育英。9回二死、八戸学院光星の代打・澤谷 晃祐(2年)を追い込んだエース・佐藤 世那(2年)は、ウイニングショットを何にするか考えた。

 「真っ直ぐかフォークどちらにするか迷ったんですけど、キャッチャーの郡司(裕也=2年)がフォークのサインを一発目に出したので、首を振らずにフォークにしました」。

 三振を取るべく、自信を持って投げたフォーク。バッターの澤谷は三振に倒れ、エースは思わずガッツポーズ。「素直に嬉しいです」とインタビューでも笑みを見せた佐藤 世那だが、応援団に挨拶をする際には少し涙ぐんでいたのが印象的だった。5安打2失点(自責0)12奪三振だった内容に、佐々木順一朗監督も及第点を与えた。

 「今日はフォークと真っ直ぐが良かったと思います」とウイニングショットに迷うほどピッチングの調子が良かった佐藤 世那。さらに、「光星打線が狙い球を絞ってきていたので、それをかわして、フォークとストレートを混ぜて決め球を変えた」と冷静な組み立てができたことも強調した。

 ここまで2試合連続で先取点を許していただけに、この試合では先に点を与えないということもポイントだった。佐藤 世那がホッとした表情を浮かべたのが4回のピッチングの後。このイニングは二死から八戸学院光星の4番澤田 俊一(2年)に三塁打を浴びる。だがここまで2試合の反省を生かすためにも、絶対に得点は与えられない。次の5番中崎 寿希也(2年)をショートゴロに打ち取り、佐藤 世那はグラブをショートの平沢大河(2年)の方に向けた。

 その裏の攻撃で3点を先制し、中盤以降は点差を生かしたリズム良いピッチングになっていった。