2014年10月24日 仙台市民球場

八戸学院光星vs山形城北

2014年秋の大会 第67回(平成26年度)秋季東北地区高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

八戸学院光星が貫禄勝ち

3回、右翼適時打を放った加角翔太(八戸学院光星)

 昨年の優勝校で、7年連続出場となる八戸学院光星と、5年ぶりの出場となる山形城北が対戦した。

 八戸学院光星・仲井宗基監督と山形城北・増井文夫監督は、ともに大阪・桜宮高校出身。増井監督が先輩で、仲井監督が後輩の“同門対決”は、全国経験豊富な後輩に軍配が上がった。

 八戸学院光星が先制パンチを食らわせた。1回裏、1番・新井 勝寛がカウント3―2から左翼へ先頭打者ホームラン。3回には、1死2塁から2番・加角 翔太がライトへタイムリーを放って追加点を奪った。

 八戸学院光星の先発はエース・中川 優。夏もエースナンバーを背負った、経験値の高い制球力のある投手だ。初回に1死から連打を浴びたり、3回には1死から満塁を作られたりしたが、要所を締めた。
7回には、この回、先頭の上松野聖に二塁打を許し、1番・矢口 颯のセンター前ヒットで1点を失ったが、仲井監督は
「中川は持ち味の粘り強さを出してくれた。守りでエラーもあったが、ここという場面は守ってくれた。ウチらしさが出てよかった」と話した。

 八戸学院光星(2013年4月光星学院から校名変更)と言えば、2011年、12年と甲子園で3季連続決勝に進出したチームだ。当時は、田村 龍弘(現ロッテ)、北條 史也(現阪神)といった好打者がズラリと並んでおり、「打の光星」として注目を浴びた。試合を作れる投手も2人いて、投打にバランスが取れていた。

 ピッチャーが抑えて、打って、打って、得点を重ねるスタイルだったが、選手が変わればチームカラーも変わる。
仲井監督は大会前、「今のチームはそんなに打てない。ランナー一塁は送りバントをする」と話していた。

【次のページ】 八戸学院光星vs山形城北(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
柴田vs八戸学院光星【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
オリ・宮城大弥、DeNA・浅田将汰が先発好投!オリ・中田は登板&セーブ数リーグ2位! 【ニュース - 高校野球関連】
村上だけじゃない!古賀や濱田などヤクルトの高卒若手は半数以上が一軍でプレー 【ニュース - 高校野球関連】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
第823回 脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星) 【2018年インタビュー】
八戸学院光星 【高校別データ】
山形城北 【高校別データ】
秋季東北地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る