東北大会の開幕戦は松島が勝利

「宣誓 東日本大震災から約3年半が経ち、東北各地で復興が進みつつあります。ですが、まだ、あの日を忘れることが出来ず、苦しみ、悲しみ、前に進むことが出来ない人たちがたくさんいることでしょう。私自身も苦しい思いをたくさんしましたが、今、こうしてここに立っていられるのは、たくさんの人々の支え、そして、希望があったからです。私たち東北の高校球児が出来ることは、東北全ての人々に勇気と笑顔、そして、希望を与えることです。私たちを見た全ての人たちが希望を持てるようなプレーをすることを誓います」

東北大会初出場の松島ベンチ

 2011年春に予定されていた宮城での東北大会は、東日本大震災の発生により中止となった。2008年秋以来の宮城での東北大会は、開催地である宮城の第一代表・仙台育英佐々木 柊野主将の選手宣誓で幕を開けた。

 開幕ゲームは、地元・宮城の松島宮古商松島は、宮城県大会で3位となり、今大会唯一の初出場チームだ。学校は全校応援を企画し、スタンドからは大声援が送られ、22名の部員を後押しした。対する宮古商岩手県大会で快進撃を見せ、33年ぶりの出場だ。

 試合は2回に動いた。先攻の松島は1死から四球の後、きっちり送って2死二塁とした。8番・五十嵐将太はサードゴロを打ったが、宮古商の三塁手・小笠原啓太の送球は高くなりセーフ。さらに、9番・佐藤光のセカンドゴロは二塁手・岩見俊太の手前で大きく跳ね、グラブをかすめて外野へ。松島はノーヒットで1点を得た。