2014年10月18日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

立命館宇治vs神戸国際大附

2014年秋の大会 平成26年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

四死球から崩れ四球に救われた

立命館宇治の先発・山下太雅

 序盤に4点の援護をもらった立命館宇治の先発・山下 太雅(2年)だが初回に二つのフォアボールを与えた制球が定まらない。2回に喫した失点も四死球絡みで招いたもの。3回には二者連続デッドボールを当てるなどして一挙5失点。兵庫大会を打線の力で制した神戸国際大附を相手にバッテリーが警戒するのは当然だが、卯瀧監督が「(四死球の多さは)かなりバッテリーにああせいこうせいと言った結果」と話したようにこの時点では裏目に出た。山下は5回までに10四死球を与え、球数はすでに110球を超えていた。

 点の取り合いだった序盤戦から一転、中盤は互いに1点を加えたのみ。試合が大きく動いたのは8回、きっかけはやはりフォアボールからだった。

 8回、3イニング目に突入した神戸国際大附の二番手・平内 龍太(1年)は、この回先頭の立命館宇治7番・百田 風太郎(1年)をストレートのフォアボールで歩かせてしまう。立命館宇治は2点を追う終盤ではあったが8番・中原 優歩(1年)が送りバントでランナーを進める。9番・山下もフォアボールを選ぶと、二死後に2番・上西 良明(2年)のタイムリー内野安打で1点差。3番・奈良 祥平(2年)の内野ゴロがエラーを誘い二死ながら満塁のチャンスで打席には4番・伊藤 大賀(2年)。主砲の一打が期待される中、押し出しのフォアボールで同点に追いつくとさらに押し出しフォアボールが二人続き、百田のタイムリーと合わせて3点の勝ち越しに成功。9回にも先頭のフォアボールから1点を追加し、終盤の6得点で試合をひっくり返した。

    

【次のページ】 立命館宇治vs神戸国際大附(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山や大阪桐蔭などが1回戦を突破!3試合を徹底レポート【近畿大会・20日 】 【ニュース - 高校野球関連】
智辯学園vs神戸国際大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭が19点コールド勝利で好発進!【秋季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第33回 立命館宇治(京都)【37年ぶり3回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
明石商vs神戸国際大附【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
神戸国際大附vs育英【兵庫県 2019年夏の大会 第101回選手権兵庫大会】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第353回 立教大学 飯迫 恵士選手 「常に首位打者を目指せる選手になりたい」 【2015年インタビュー】
第290回 神戸国際大学附属高等学校 竹村 陸選手「勝負強い男になって再び夏の甲子園へ」 【2015年インタビュー】
神戸国際大附 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
秋季近畿地区高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

立命館宇治立宇治頑張れ!立宇治ファン 2014.10.18
いよいよ近畿の初戦。緊張は少なからずするだろう。しかし最小限に。相手に呑まれるな、名前に呑まれるな!ピッチャー、バッテリーは配球に注意し落ち着いて攻めよう。打線は一点でも先に取ろう!まずは序盤の流れ持ってこようぜ!
今の君達なら神戸国際相手でも勝てる!力でやや劣るかもだが、気持ちでは絶対に負けるな!勉強と両立してきた努力を野球でこの近畿大会で見せてやれ!
必ず勝とう!頑張れ!立命館宇治野球部!
立命館宇治相手に不足なし!立宇治ファン 2014.10.14
今チームの力は分からないが、前、前々チームでは練試で完敗している相手。投手も中々良かったが、各打者のスイングスピード、打球の鋭さが印象に残っている。今チームも兵庫で優勝しているだけに夏までと遜色はないチームだろう。
しかし、だからこそやってやろうぜ!立宇治は立宇治の野球をやるだけ!HPにもあったが、先輩達やメンバー外の選手達が苦労して集めてくれた資料の為にも、関係者の方々は勿論、一般で立宇治野球部を応援している人達の為、そして何より自分達の為に、一球たりとも集中を切らさず、頭はクールに気持ちは熱く、この近畿で勝とう!下馬評を覆してやれ!君達ならやれる!頑張れ!立宇治野球部!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る