岸の温存に成功!明徳義塾が20得点で圧勝!

【勝ち越し打を放つ大久保 諒平選手(八頭)】

 迎えた準決勝。
明徳義塾の先発は岸 潤一郎(3年)ではなく、レフトを守る尾﨑 湧斗(3年)だ。尾崎がマウンドに登った事情はある規定が関係している。

変則ダブルヘッダーの規制
公式戦で、いわゆる準決勝と決勝を同日に行う変則ダブルヘッダーは原則として開催できない。ただし、天候などによる順延でやむを得ない場合は除く。なお、やむを得ず実施する場合は、投手が登板できるイニング数は両試合を通じて合計15イニング以内とする。2試合目も登板が予定される投手は第1試合後のアイシングはしないこと。

 決勝戦で岸に完投させるには、なるべく登板させずに決勝に勝ち上がりたい。そのためにはどんどん打ち崩す必要がある。

 明徳義塾は初回から点を先行する。四球3つで無死満塁のチャンスを作り、4番岸は押し出し四球で、まず1点を先制する。一死満塁とし、6番水野 克哉(3年)は敵失で、1点を追加。さらにワイルドピッチで、3対0とする。

 だが八頭明徳義塾の先発・尾崎に襲いかかる。1番西原 朋哉(3年)が左中間を破る二塁打、2番大基 雄久(2年)の犠打で一死三塁。3番中尾 直也(3年)の中犠飛で1点を返し、3対1。
さらに3回裏、1番西原の中前安打、2番大基の左横線二塁打で無死二、三塁のチャンスを作り、3番中尾が右前適時打を放ち、3対2。4番大久保 諒平(2年)が右中間を破る適時三塁打を放って、4対3と逆転に成功。さらに二死二塁から6番竹内の中前適時打で5対3とさらに点差を広げる。

第69回国民体育大会~長崎がんばらんば国体2014~