岸潤一郎、平沼翔太。2人の二刀流に迫る

【2試合連続本塁打を放った岸潤一郎(明徳義塾)】

 期待すべき場面で必ず打つ。
スター性がある選手はこのことをいうのだろう

 4回表、1点ビハインドの場面で回ってきた岸 潤一郎(3年)。無死一塁フルカウントから振り抜いた打球は、レフトスタンドへ飛び込む豪快な本塁打となった。

 岸はこの本塁打に、
「ちょうど高めだったので、バットが下から出ずに振り抜くことができました。とはいえ、出来過ぎです」と振り返る。
スカウトの間では野手として高く評価されているが、18Uと国体で打者・岸を見て、確かに野手として評価されるのも頷ける内容を見せている。

 高校1年までは窮屈なスイング軌道だったが、ここにきてだいぶスイング軌道が改善され、水平な軌道でボールを強く押し込み打球を遠くへ飛ばすことが出来ている。打球の角度の高さ、打球の速さ、飛距離の長さ、どれをとっても素晴らしい。

 18Uでは、木製バットの練習をしないまま、シングルヒットを何度も記録していたので、本格的に練習を取り組めば、今のような当たりが木製バットでも出来る期待はある。

 また、投手としての完成度も高い。140キロ前後の速球、キレのあるカットボールを自在に投げ分ける投球は、高校生として優秀だ。ただドラフト候補に挙がる投手のボールと比べると角度があまりないのが懸念材料。大学ではよほど球速面と投球の幅を広げていかない限り、プロのスカウトが投手として評価することは厳しいだろう。

 二刀流として期待されているが、打者として磨きをかけていった方が良いと考える。また岸は8回の第4打席でも、レフト線を破る二塁打を放ち、これで今大会は9打数6安打2本塁打6打点と大当たり。さらに準決勝、決勝戦でも当たりを見せることができるか。

第69回国民体育大会~長崎がんばらんば国体2014~