【サイクルヒットを達成した岸潤一郎(明徳義塾)】

岸潤一郎、サイクル安打達成!明徳義塾が10得点で快勝!

明徳義塾vs沖縄尚学
試合前、明徳義塾のエース・岸 潤一郎沖縄尚学のエース・山城 大智の投げ合いになるかと思われたが、明徳義塾打線が爆発し、山城を攻め立て、序盤から試合の主導権を握った。

 1回裏、一死から2番多田 桐吾(3年)は四球。3番西岡 創太はスライダーを捉え、左前安打。一死一、二塁から岸が打席に立った。実は岸、山城にこんな約束をしていた。

 「あいつ(山城)とは、打たれるまでお互い直球勝負をしようと。狙い通りの直球が来ました」

 ストレートを振り抜き、打球は左中間を破る三塁打となり、一気に2点を先制する。岸はさらに安田 孝之の内野ゴロの間に3点目のホームを踏み、初回に明徳義塾が3点を先制する。狙い通りの直球を打ち返した岸。ちなみに山城も第1打席で岸の直球を打ち返して中前安打を放った。勝負はおあいこということで良いだろう。

 2回表、沖縄尚学上原 康汰(3年)が右翼席に飛び込む豪快な本塁打を放ち1点を返すが、3回裏に岸が左翼席へ飛び込む豪快な本塁打を放ち再びその差を3点とする。

 岸はこの打席について聞くと
「さっき直球を打ち返したので、捕手は変化球のサインを出すと思いました。そして狙っていた変化球が真ん中に入ったので、迷わず振り抜きました」
会場である長崎県営野球場は両翼99.1メートル、中堅122メートル。フェンスは3.9メートルと高校生では本塁打にするには難しい球場だが、大きな球場を物ともしない豪快な本塁打であった。

 さらに岸は5回裏、一死一塁の場面で、第3打席を迎える。初球を捉え、左中間を破る二塁打を放ち、3打数3安打。三塁打、本塁打、二塁打。残りはシングルヒットでサイクルヒット達成である。
これには本人も「出来過ぎ」と振り返るぐらい、素晴らしい打撃だった。この後、安田の適時打が飛び出し、5対1と突き放す。

第69回国民体育大会~長崎がんばらんば国体2014~