レベルの高い技術の応酬と、情報戦。敦賀気比・平沼を攻略した大阪桐蔭

 1試合最多ホームランは06年の智辯和歌山5本、帝京2本の計7本。それに並ぶのではないかという空中戦がこの日演じられた。

 先行したのは敦賀気比
1回表、1死後、2番下村 崇将(3年)、3番浅井 洸耶(3年)、4番岡田 耕太(3年)が3連打して1死満塁。このチャンスに5番峯 健太郎(3年)が左前にタイムリーを放って先制。さらに満塁から6番御簗 翔(3年)があっと驚く満塁ホームランを放って5点を先制する。

 しかし、大阪桐蔭はこんなことで揺るがない。
1回裏、先頭の1番中村 誠(3年)が2ボール後の3球目ストレートを振り抜いて左中間スタンドに放り込む。この一発が大阪桐蔭ベンチを活気づける。

 2番峯本 匠(3年)が四球で歩き、3番香月 一也(3年)の左前打で一、二塁、4番正随 優弥(3年)がバントで送って1死二、三塁とし、5番は2回戦の明徳義塾戦(試合レポート)以来の5番に座る森 晋之介(3年)。
森が初球の123キロスライダーを振り抜くと打球は一塁線を激しく抜く二塁打となり、2人の走者を迎え入れ、点差はあっという間に2点差に詰まる。

 2回には2死から1番中村がストレートの四球で歩き、2番峯本が1ボールからのストレートをおっつけて左中間に同点となる2ランを放つ。
こうなると大阪桐蔭ペースと思いがちだが、敦賀気比は3回に6番御簗が2打席連続のホームランをライトスタンドに放り込み1点勝ち越す。

 敦賀気比に行きかけた流れを強引に引き戻すような大阪桐蔭の波状攻撃が行われたのは4回裏。
8番福田 光輝(2年)が中前打で出塁、9番がバントで送って1死二塁とし、1番が倒れて2死になるが、2番峯本が同点タイムリーをセンター前に放ったのに続き、3番香月が四球で歩いて一、二塁。
この場面で正随が二者を迎え入れる三塁打を右中間に放ち、続く5番森が2ランホームランをライトに放ち、試合の流れは完全に大阪桐蔭のほうに傾いた。