分厚い打線とエースの力投で敦賀気比が19年ぶりにベスト4へ進出

 一見すると同じような立ち上がりだった。
敦賀気比の先発・平沼 翔太(2年)と八戸学院光星の先発・呉屋 開斗(2年)は4人の打者との対戦を終えた時点で、どちらも二死一、二塁のピンチを背負う。
しかし、5番打者との対戦結果は正反対、それがそのまま試合の流れを大きく左右した。

 平沼が八戸学院光星の5番・新井 勝徳(3年)から三振を奪い無失点で切り抜けたのに対し、甲子園初登板となる呉屋は敦賀気比の5番・峯 健太郎(3年)にレフトスタンド中段に突き刺さるスリーランホームランを浴びる。

 福井大会で新記録となる.438というチーム打率を残した敦賀気比、その打線の勢いは甲子園でも健在で3回戦まで全ての試合で2桁得点を挙げていた(1回戦・対坂出商試合レポート、2回戦・対春日部共栄試合レポート、3回戦・対盛岡大附試合レポート)。

 歴代の中でも福井最強の打線がいきなり呉屋-馬場 龍星(2年)の2年生バッテリーに襲い掛かった。

 敦賀気比が2回にもヒットとデッドボールで無死一、二塁のチャンスを作ると、八戸学院光星の小坂監督は八木 彬(2年)をマウンドに送る。
ベンチの思惑よりも早めの継投を強いられた八戸学院光星だがこのピンチは八木が起用に応え4点目のホームは踏ませない。