エースの右ひじ痛に泣いた盛岡大附。敦賀気比が3試合連続二桁得点でベスト8

 盛岡大附敦賀気比。注目された好カードだが、あっさりと決着がついた。
岩手大会決勝後、肘の痛みが発症した盛岡大附松本 裕樹(3年)の状態が限界に達したのだ。

 東海大相模戦(試合レポート)の投球が精一杯だったのかもしれない。
143キロの速球、スライダー、ツーシームを駆使して、抑えこんでいたが、今回の投球はストレート、変化球ともに定まらず、最速138キロ止まり。そして変化球もすべて抜けてしまい、ストライクに入れようとすると緩い軌道で真ん中に入る。

 ここまで2試合連続二桁得点を上げている敦賀気比打線は、そこを見逃さなかった。

 敦賀気比は2回表に先制すると、3回表、浅井 洸耶(3年)の本塁打に始まり、打者12人の猛攻で、8得点を挙げた。盛岡大附にとってはダメージの大きい失点であった。
その後、松本はライトに回り、継投策となったが、敦賀気比打線は手を全く緩めることなく、20安打16得点を挙げた。

 盛岡大附東海大相模戦で本塁打を放っている遠藤 真(2年)の2試合連続本塁打の1本だけに終わった。