明徳義塾、智辯学園に「守り勝つ」!

 1つ目は3年連続で甲子園マウンドに立つ明徳義塾岸 潤一郎(3年主将・投手・右投右打・175センチ75キロ・西淀ボーイズ<大阪>出身)と高校通算73発の智辯学園岡本 和真(3年・一塁手・右投右打・183センチ95キロ・橿原磯城リトルシニア出身)の今大会最注目選手対決。

 結果は岡本の4打数2安打2三振となったが、得点差に応じて配球を使い分ける明徳義塾・岸、水野 克哉(3年・捕手・右投右打・174センチ74キロ・東名古屋ボーイズ<愛知>出身)バッテリーの策略を力で破壊しにいく岡本との「駆け引き」は実に見ごたえがあった。

 2つ目は5対3の7回裏・二死一・三塁から智辯学園2番手・浦中 拓也(3年・投手・右投右打・178センチ77キロ・橿原市立光陽中出身)の初球スプリットを見事にすくい上げ、大会史上13度目・明徳義塾では2010年の第92回大会1回戦・本庄第一(埼玉)戦(試合レポート)における座覇 政也(現:至学館大4年)以来となる代打アーチ、しかも試合を決める3ランを放った代打・田中 秀政(3年・右投右打・178センチ83キロ・びわこクラブ<軟式・滋賀>出身)。
これで田中がこの夏にマークした高知大会からの通算打撃成績はすべて代打での一振りで5打数4安打10打点2本塁打。正に「神様」的活躍である。

 ちなみに2006年夏に甲子園ベスト4に進出した鹿児島工業(鹿児島)であまりにも有名になった代打・今吉 晃一(当時3年)の成績は鹿児島大会6打数5安打2打点。甲子園では4打数3安打。通算10打数7安打2打点。
彼のように打席で叫ぶことはないが、彼と同じく「背番号11」で、すでに今吉を超える打点を黙々と積み重ねる田中の動向には、これからも要注目であろう。