“機動破壊”は生きていた!相手を揺さぶる走塁で健大高崎快勝!!

 健大高崎の“機動破壊”は生きていた。

 凄まじかったのは0対3で迎えた3回表の得点シーン。
1番平山 敦規(3年)が死球で出塁すると、お約束のように大きなリードで相手投手を揺さぶる。

 大きなリードは左足に重心をかけ帰塁に備えるというのが普通の感覚だ。それでも岩国の先発・柳川 健大(3年)は執拗に一塁けん制球を繰り返し、そのいずれもが際どいタイミングでのセーフ。ここまでけん制されると走るのは難しいと考えがちだが(そもそも盗塁する意思のない大きなリードだと思っている)、平山は楽に二盗を決める。

 無死二塁から2番星野 雄亮(3年)の左前打で一、三塁、そして3番脇本 直人(3年)の犠牲フライで1点返すという効率のよさ。さらに一塁に残った星野が二盗を決めるとマウンドの柳川は動揺したのか暴投して星野は三進、4番長島 僚平(3年)の三塁ゴロで生還とまったくムダがない。

 4回は相手投手の不手際と言っていい四球と暴投で1点を加え、5回は再び機動破壊のスイッチが入る。

 2死走者なしの局面から3番脇本が中前打で出塁してすかさず二盗して得点圏に進むと、4番長島の左前打で生還という3回の得点シーンが再現される。さらに一塁走者長島の二盗後、5番柘植 世那(2年)の左前打で生還と、まるでデジャビュ(既視感)を体験しているような不思議な感覚に囚われる。

 岩国の柳川はよかった。
春は早い左肩の開きとスライダーの多投でまったくよさが見えなかったが、この日は早い左肩の開きを抑えることによってコントロールが安定し、左右打者に関係なく内角をストレートで攻めることができた。球持ちもよく、腕を振ってから一拍置いてからボールが出てくるという“時間差投法”も披露。ストレートの最速は142キロと平均的だが、これにスリークォーターらしい真横変化のスライダーを交え、打者を左右に揺さぶった。