一試合で大きく成長を果たした岩下大輝(星稜)

 奇跡の大逆転劇で甲子園出場を決めた星稜。今年の中心はエースの岩下 大輝(3年)である。昨夏、エースとして甲子園のマウンドに登りながらも鳴門打線に打ち込まれ、悔しい敗退

 その悔しさをバネに1年間猛練習に取り組んだ。その結果、球速は145キロまで達し、変化球の精度も磨かれ、石川大会では19回を投げて24奪三振と投球回以上の奪三振を奪った。石川大会決勝戦では6失点を喫したとはいえ、昨年よりも成長した姿を見せて、なんとしてでもチームに勝利を届けたかった。

 岩下は1球投じるだけで、昨年よりも成長が感じられた。ワインドアップから大きく振りかぶり、左足を高々と上げて、右足でしっかりと立つバランスの良さ。そして左足を高い位置で伸ばしていきながら、強く踏み込んで、テイクバックで、大きく取って、しっかりと胸を張ってから力強い腕の振りに加え、滑らかな体重移動。上半身と下半身が連動した完成度の高いフォームで、そして高校生とは思えない力強い動き。

 初球、145キロを計測する。ウエイトが乗った素晴らしいストレートだった。

 だが1番内山 竣(2年)に右前安打を打たれてしまい、リズムを乱され、二死二、三塁のピンチをまねく。5番安本 竜二(2年)の場面で、バッテリーミスで先制を許し、なおも二死三塁で、安本に左前適時打を許し、2点の先制を許してしまう。

 その裏、星稜福重 巽(2年)の適時二塁打で1点を返すが、2回表にも岩下は2番大石 智貴(2年)に適時打を許し、1対3と2点差となる。 序盤の岩下はストレートの制球力が定まらなかった。140キロ台を計測しても、低めに集まらない。125キロ前後のスライダー、130キロ台のフォーク、110キロ台のカーブを投げ分けながら、ミートが上手い静岡打線を打たせて取りながら、凌いでいた。

 3回裏に相手の敵失で1点差に追い上げるが、なかなか決定打が出ず、3対2のまま試合が進行する。