2014年06月09日 富山市民球場アルペンスタジアム

日本文理vs春江工・坂井

2014年春の大会 第130回(平成26年度春季)北信越地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

初のスタメン起用!夏のベンチ入りへアピール‼

 

片岡優斗(日本文理)

 1回に3番栗原 陵矢(3年)のタイムリー、2回に9番久保拓矢(2年)の2点タイムリー二塁打で3点を先行した春江工・坂井。だがマスクを被る栗原は、日本文理打線のバットスイングの鋭さをまじまじと感じていた。
「打球のスピード、バットに当たる音が違いました。バッターボックスを見ていて、怖かった」。

 2回裏、栗原が感じた日本文理の強力打線が目覚める。先頭の4番池田 貴将(3年)が内野安打を放つと、5番小林 将也(3年)も三遊間を破るヒットで続く。そして初めてスタメンに抜擢された6番片岡 優斗(3年)が、センターオーバーの打球を放ち、池田が生還して1点を返した。
「朝、バスの中でスタメンと言われました。緊張しましたが、仲間からお前は振るだけだと言ってもらって楽になれました」と笑顔を見せた片岡。一方で前日までは試合に出ておらず、データがない中でいきなり打たれた久保と栗原のバッテリーにとっては、大きなインパクトとして残った。

 片岡は5回の第3打席でも二塁打を放ち、この試合は3打数2安打と活躍。3年生で最後の夏の大会でのベンチ入りへ向けて、大井道夫監督にアピールをして見せた。

 2回裏に話を戻す。片岡の一打の後、7番鎌倉 航(3年)が四球で歩いて満塁とすると、8番新井 充(3年)が左中間を破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、3点あった差が一気にひっくり返った。

【次のページ】 日本文理vs春江工・坂井(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
関東一がお家芸を発揮!第一試合・関東一vs日本文理を徹底レポート!【第101回選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一が逆転勝利で4年ぶりの初戦突破!谷が5回1失点の好リリーフ!! 【ニュース - 高校野球関連】
第954回 実力校・関東一、山梨学院らが登場!広島商vs岡山学芸館の隣県同士の対決にも注目!5日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第15回 日本文理高等学校(新潟)【2年ぶり10度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第929回 中越、日本文理に割って入るチームは現れるか?過去のデータを紹介!【大会展望・総括コラム】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
尽誠学園vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第51回 東海大諏訪(長野)チーム全員が競争心を持ち、「速さを強さ」に変える冬に!【冬が僕らを強くする2019】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
日本文理 【高校別データ】
春江工・坂井 【高校別データ】
春季北信越地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

日本文理文理、連覇鹿児島のkatsuya 2014.06.08
北信越を連覇し、夏の甲子園で全国制覇
日本文理猛打爆発寺子はつらいよ 2014.06.08
打ち勝ってください。
日本文理二季連続優勝寺子はつらいよ 2014.06.08
必勝

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る