2014年06月08日 魚津桃山運動公園野球場

春江工・坂井vs松本第一

2014年春の大会 第130回(平成26年度春季)北信越地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

多彩な攻めの策を繰り出す!

 

2回裏、8番出蔵が初球でスクイズを成功させて春江工業・坂井が追加点

 1回裏、1番忠谷弦汰(3年)の先頭打者本塁打で先制した春江工・坂井。2回以降は、川村忠義監督が繰り出す策が、松本第一陣営に深く考え込ませる要因になっていった。

 2回、春江工・坂井は先頭の6番宮脇信吾(3年)がライトへ二塁打を放つ。続く7番濱出翔太(3年)が1球目で送りバントを決め、一死三塁となった。そして、8番出蔵将吾(3年)も1球目にバント。抜群のスタートを切った宮脇が本塁を踏み、見事なスクイズとなった。

 この場面を川村監督は「3球で(1点を)決めるぞと思った」と、してやったりの様子で話した。

 春江工・坂井は4回にも先頭の5番竹内爽(3年)が三塁打を放ってチャンスを作る。打席は6番宮脇。2回の守りでスクイズを決められただけに、松本第一立石 潤と太田翔の2年生バッテリーは、相手・川村監督の策を警戒した。特にキャッチャーの太田は、松本第一の櫻井正孝監督の方を何度も見て、自らの守りの策を確認する。しかしここで宮脇に大きな策はなし。結局、四球で一塁に歩くことになった。

 無死一、三塁となって前の打席で送りバントを決めている7番濱出。だがここでの川村監督の策は強攻。濱出は2球目を振り抜くと、打球は左中間を破って、二者が生還。濱出は二塁の悠々と達した。

【次のページ】 春江工・坂井vs松本第一(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佐久長聖が初戦敗退 決勝は30年ぶりの公立対決!激動の長野大会を総括 【ニュース - コラム】
第935回 【長野大会総括】30年ぶり公立校決勝で飯山が初優勝!シード校が早々と散る波乱含みの大会に【大会展望・総括コラム】
雨天ノーゲームに救われた岡谷南が再試合を制し、サヨナラ勝ち!【選手権長野大会・10日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第942回 連覇狙う佐久長聖とノーシードの松商学園が同ブロックに!また最激戦区は第7シードブロック【大会展望・総括コラム】
第905回 上田西、松本第一、東海大諏訪が同ブロックで潰し合う!熾烈極めた春季長野県大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第899回 県内公式戦負けなしの上田西を止めるのは?長野県大会は序盤から激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs松本第一【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第745回 前評判通りに佐久長聖が優勝!長野の夏を総括する!【大会展望・総括コラム】
松本国際vs松本第一【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
松本第一vs小海【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs松本第一【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会】
松本第一vs松商学園【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
春江工・坂井 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】
春季北信越地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

春江工・坂井がんばってくださいっ!ゆう 2014.06.02
甲子園で見たときから、春江工のプレーが大好きです!
大阪からですが、応援しています!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る