2014年05月31日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

報徳学園vs龍谷大平安

2014年春の大会 平成26年度春季近畿地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

敗れる時。夏へ、本当のスタート!捲土重来を目指して‼

 

敗れた龍谷大平安ナイン

 2時間15分の戦いを終えて、龍谷大平安は敗者として、ベンチ前に整列をした。

 勝った報徳学園の校歌が流れる。龍谷大平安河合 泰聖主将(3年)は、「相手の校歌は聴きたくなかった。気持ち良いものではないですね。やっぱり、どこのチームにも、平安の校歌を聴かせるように、夏に向かっていきたい」と心情を話した。

 2回に6番髙橋 佑八(3年)と、9番姫野 大成(3年)がタイムリー二塁打を放ち、2点を先制した龍谷大平安

 しかし直後の3回表に落とし穴が待っていた。
 一死から報徳学園の2番大畑 幸平(3年)が、セカンドへとゴロを放つ。だがこの打球を姫野が捕りきれない(記録は内野安打)。ここから先発・元氏 玲仁(2年)の一塁牽制悪送球、ワイルドピッチ、3番石垣 昭二(3年)への死球と、バタつきを見せ、4番岸田 行倫(3年)にはレフトオーバーの二塁打を浴びて同点に追い付かれてしまった。

 続く5番普久山 拓海(3年)をピッチャーゴロに打ち取ったものの、誘い出された三塁走者・石垣を狭殺しようとする間に、サード・常 仁志(3年)の送球が石垣に当たって、ファウルグラウンドに転がる。これで石垣だけでなく、岸田もホームを踏んで、報徳学園に逆転を許す形となってしまった。

 このプレーにファーストの河合が、走者の石垣が守備側のグラブの動きを見て走路を変えたと、守備妨害の有無をリクエストするものの、結果は覆らず。守りのバタつきもあり、龍谷大平安の内野陣は次第に熱くなり始めていた。

【次のページ】 報徳学園vs龍谷大平安(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
公式練習のない近畿大会、球児のために導入を考えるべき! 【ニュース - 高校野球関連】
組み合わせ決定!大阪桐蔭、報徳学園らの初戦は?【秋季近畿大会・抽選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
龍谷大平安vs乙訓【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
龍谷大平安vs立命館宇治【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第753回 打倒・韓国!日本一のショート・小園海斗(報徳学園)がかける今大会への想い 【2018年インタビュー】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
第670回 島田 直哉(龍谷大平安)甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意 【2018年インタビュー】
第630回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)世界との激闘糧に、夏頂点へ駆ける【後編】 【2018年インタビュー】
第629回 小園 海斗(報徳学園2年・遊撃手)生粋の野球小僧、報徳学園で戦う男に【前編】 【2018年インタビュー】
報徳学園 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
春季近畿地区大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る