明徳義塾2年ぶり春四国を制すも、夏へ向け「げきオコ」モードへ

 

馬淵史郎監督の指示を神妙な表情で聴く明徳義塾の選手たち

 「あんなのイラン!判っていない!」

 永遠のライバル・高知に並ぶ2年ぶり9回目の春季四国大会制覇。
にもかかわらず試合直後の明徳義塾・馬淵史郎監督は明らかに怒っていた。高校生的に言えば「激おこぷんぷん丸」をはるかに超えた6段活用最高値「 げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」モードである。

 試合は明徳義塾の一発攻勢が光る展開。2回裏。
「ファウルを打つ中でも内角をよくさばけている感覚があったので、同じ感覚で振った」4番・岸 潤一郎投手(3年・主将)の高校通算15本目となる先制ソロアーチ。

 同点の4回裏にも二死一・二塁から8番・棈木 裕亮捕手が「1年の秋以来」となる高校通算2号の3ラン。いずれも「真ん中に入ってしまった」と鳴門渦潮女房役の多田大輔捕手(3年)も悔いた3日連続先発左腕・松田 知希(3年)の失投を確実に左翼席へ運んだ大アーチである。

 だがその反面、緻密がウリの明徳義塾らしくないミスも多かった。4回には三走の5番・安田 孝之遊撃手が「前日のミーティングで確認していた」(佐藤洋部長)にもかかわらず松田得意の三塁けん制に引っかかり憤死。

 8回裏にも二死から今大会中懸命なプレーが光った7番・吉田 泰瑛三塁手(2年)が四球を選び、その代走で出場した大西主将(3年)があっさりけん制死。安田は5回裏に三振に倒れた直後に真鍋 秀平(3年)への交代を命ぜられ、大西も9回表の守備機会はなかった。