2014年04月22日 県営八代野球場

創成館vs文徳

2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の決着は9回!

決勝本塁打の鷲﨑淳(創成館)
※写真は2回戦から

 先制したのは文徳
 2回裏、ヒットと死球で二死ながら一、二塁とチャンスを作ると、9番西村佑希斗(3年)が右中間を破る二塁打を放ち、2点を奪う。

 直後の3回表、今度は創成館が反撃。四球と相手守備の乱れなどで一死一、二塁とすると、1番原口 史也(3年)がレフトオーバーの三塁打を放ち、二者が生還。さらに2番野口 遥駆(3年)のレフト前タイムリーで、試合をひっくり返す3点目が入った。

 しかしその裏、文徳は二死から6番平木真聖(3年)が一、二塁間を破るタイムリーを放ち、同点。ここで、ゲームの流れが落ち着き、両チームとも得点が入らなくなった。

 創成館は今大会背番号10をつける廣渡 勇樹(3年)が先発し、4イニングを6安打3失点。5回からは背番号11の奥住 太貴(3年)がリリーフし、3イニングを2安打無失点。そして8回からはエースナンバーの立部 峻長(3年)がマウンドに上がった。
 一方の文徳は、先発した西村が3回に3失点したものの、8回までは粘りの投球でマウンドを守る。

 ゲームの決着は9回。
 創成館は先頭の野口がヒットで出塁し、3番牧野 慎也(3年)の送りバントで一死二塁。ここで回ってきた4番鷲﨑 淳(2年)が、文徳・西村の初球をライトスタンドに運び、決勝点となる2点が入った。

 文徳は西村から背番号11の平峰悠斗(2年)にスイッチし、創成館をこの2点に抑える。その裏、二死から連打で同点にできるチャンスを作るが、最後は3番志賀史崇(2年)がショートフライに打ち取られ、ゲームは終わった。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年も頭角を現してきたスーパールーキー達!徳丸は本塁打、森木は148キロ! 【ニュース - コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
黄金世代の主将・中川卓也(早稲田大)が今、振り返る 濃密な1年間歩みとは?【前編】 【ニュース - インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第938回 3大大会の優勝校はすべて変わる混戦模様の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第925回 創成館が連覇なるか?!長崎商や佐世保実、九州文化学園など対抗馬も実力が拮抗!【大会展望・総括コラム】
第94回 創成館(長崎)編「春夏連覇の大阪桐蔭に公式戦唯一の白星を飾った長崎の新鋭校、創成館のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第76回 文徳(熊本)冬のテーマは「スイングスピード平均135キロ以上」強力打線を磨く!【冬が僕らを強くする2019】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
文徳vs興南【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第691回 熊本ナンバーワンスラッガー・萩尾匡也(文徳)!主将になって心身ともに成長! 【2018年インタビュー】
創成館vs文徳【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs創成館【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第611回 川原陸(創成館)「長崎の大型左腕、待望の全国デビュー」 【2017年インタビュー】
創成館 【高校別データ】
文徳 【高校別データ】
春季九州地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

文徳文徳野球!全力野球応援隊 2014.04.21
このまま、文徳野球でてつぺんまで駆け上がってください!いつでも笑顔!
いつでも全力!文徳野球部なら勝ち抜けます!がんばれ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る