2014年04月22日 県営八代野球場

沖縄尚学vs日南学園

2014年春の大会 第134回(平成26年度春季)九州地区高校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨秋の九州2回戦の再戦は・・・

1安打完封の山城大智(沖縄尚学)
※写真は2回戦から

 昨秋の九州大会初戦で顔を合わせた両校の再戦は、またも沖縄尚学に軍配が上がった。

 1回裏沖縄尚学は、一死から2番久保 柊人、3番西平 大樹、4番安里 健(いずれも3年)の三連打で1点を先制する。
 ただ、安里のタイムリーで2点目のホームを狙った西平は、日南学園の好返球によりタッチアウト。続く5番上原 康汰(3年)も一、二塁間を破るヒットを放つのだが、ここも二塁走者の安里が本塁でタッチアウトとなり、1点どまりに終わった。

 それでも2回裏、相手守備のミスで出塁した砂川 修(3年)を、8番山城 大智(3年)がしっかりと送ると、9番伊良部 渉太(3年)が三遊間を破るタイムリーを放ち2点目を加える。3回にも砂川がタイムリーを放って3対0と着実にリードを広げていった。

 後半も沖縄尚学のペース。
 6回は二死満塁から3番西平がサードへタイムリー内野安打。7回はヒットと盗塁、送りバントで一死三塁のチャンスを作ると、7番砂川がこの試合2本目のタイムリー。8回には西平が左中間へタイムリー三塁打を放ち、6対0とダメを押した。

 投げてはエース山城が、4回に日南学園田久見 大地(3年)に浴びた三塁打の1本しかヒットを浴びない完璧な投球内容で完封。16安打6得点の打線と、エースの貫録が見事にかみ合って、沖縄尚学が2季連続のベスト4進出を果たした。

 一方の日南学園は、リリーフ登板した秋の沖縄尚学戦で好投した右腕の柳 悠聖(3年)を先発に立てたが、2回6安打で降板。後を受け継いだエース左腕の横川颯薫(3年)も、相手打線の勢いを止めることができなかった。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
熱戦を制した習志野!仙台育英、鶴岡東が勝利した9日の試合を徹底レポート!【第101回選手権大会】 【ニュース - 高校野球関連】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
習志野が延長10回の激戦を制し、8年ぶりの初戦突破! 【ニュース - 高校野球関連】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第39回 沖縄尚学(沖繩)【5年ぶり8回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第923回 県内随一の戦力誇る沖縄水産が登場!潜在能力が高い沖縄工にも注目【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第874回 目指すは高校通算50本塁打!名将・比嘉 公也も認めるすば抜けたポテンシャル 水谷留佳(沖縄尚学) 【2019年インタビュー】
沖縄尚学vs具志川商【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄尚学vs中部農林【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
常葉大菊川vs日南学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第522回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「"積み重ねることが唯一の道" 東浜流制球力向上メソッド」【後編】 【2017年インタビュー】
第521回 福岡ソフトバンク 東浜巨投手(沖縄尚学出身)「制球力を高めるにはイメージできることが大事」【前編】 【2017年インタビュー】
第204回 【侍ジャパン18U代表】沖縄尚学高等学校 山城 大智選手 【2014年インタビュー】
沖縄尚学 【高校別データ】
日南学園 【高校別データ】
春季九州地区大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

沖縄尚学バンミカセチバリヨー 2014.04.22
九州の学校に負けるな!
ROCK THEM! バンミカセ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る